よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > メール無害化とは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

メール無害化とは

メール無害化とは、メールの本文や添付ファイルを、安全に扱うために様々な処理を行うことである。標的型メール攻撃の対策の一つで、次のような方法が知られている。

  • HTMLメールのタグを取り除きテキスト形式に変換する
  • メール本文上のURLを、クリックしても起動できない形式に変換する
  • 添付ファイルの内容をテキスト形式に変換する
  • MS WordやMS Excelのマクロを取り除く(サニタイズ)
  • MS WordやMS Excelなどの文書ファイルをPDFに変換する
  • PDFを画像に変換する

ファイル無害化に利用できるツール

メール無害化では、メールに添付されているファイルを取り出し、ファイルを無害化する。ファイル無害化のために利用できるツールには、次のようなものがある。

SaMMA

デージーネットが公開しているSaMMAの2016年9月に公開されるバージョンには、メール無害化の機能が搭載されている。

html2text

Linuxに標準的に搭載されているツールで、HTMLからタグを取り除き、テキスト部分だけにする。

pdftotext

PDFからテキスト部分だけを取り出す。

pdfimages

PDFファイルをPortable Pixmap(PPM)、Portable Bitmap(PBM)、Portable Network Graphics(PNG)などの画像ファイルに変換する。

libreOffice/OpenOffice

オフィスドキュメントをPDFに変換する機能を持っている。Open Documet Formatだけでなく、MS Word、MS Excel、MS PowerPointなどの形式もPDFに変換することができる。

デージーネットの取り組み

デージーネットでは、自社で開発するオープンソースソフトウェアのSaMMAにメール無害化対策を行うための機能の実装を行っている。また、標的型メール攻撃の対策サービスを行っている。

【カテゴリ】:メール関連技術  セキュリティ  インターネット  

オープンソースで大量ログデータの統合管理
〜ログ管理OSS「Graylog」のご紹介〜

日程: 1月16日(木)デージーネット東京営業所
1月24日(金)デージーネット本社
内容: 大量のログファイルを収集しても、事件・事故が発生したときにログデータを活用できていない、もっとログデータをわかりやすく管理したいなどの悩みを解決する大量ログデータ統合管理のOSS「Graylog」についてご紹介いたします。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

関連用語

メール無害化に関連するページ(事例など)

メール無害化とは先頭へ