よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > よくある質問・用語集 > 用語集 > インターネット(1/2)

インターネット(1/2)

インターネットの情報ページです。

1/2ページ

DoS攻撃とは | OSSでのシステム構築・デージーネット
DoS攻撃とはDenial of Service attackの略で、ネットワークサービスに対して何らかの手法で攻撃を行い、サービス提供不能な状態にする攻撃のことである。サーバに大量のアクセスを実行し、過負荷状態にしてサービスがまともに動作しないようにしたり、サーバの脆弱性を故意に狙い、サービスを停止させたりするものがある。...

SNSとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
SNSはSocial Networking Serviceの略で、社会的ネットワーク(人的ネットワーク)をインターネット上で構築するサービスの事である。代表的なものにFacebook、日本ではmixiやGREEのサービスがある。人と人とのネットワークが構築出来ればSNSと言えるので、WWWで構築した掲示板やコメント可能なブログもSNSと言う事ができる。現在は、こういったコミュニケーションツール...

SQLインジェクションとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
SQLインジェクションとは、アプリケーションのセキュリティ上の脆弱性を利用して、不当なSQL文を実行させて、データベースに想定外の動作をさせる攻撃のことである。主にSQLに引き渡すデータに、SQL文の一部を含ませることで、意図と異なるSQL構文を生成してデータベースへアクセスする。この手法を利用することで、データベースのすべてのデータを表示させるようにしたり、データの改竄を行うことができる可能...

WiMAXとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
Worldwide Interoperability for Microwave Access の略語。無線ブロードバンド通信の規格。Wi-Fiよりも広域での通信が可能である。固定端末で使用することを想定したIEEE802.16-2004と、モバイル端末で使用することを想定したIEEE802.16eがある。WiMAXサービスを提供する場合、WiMAXアクセスサーバからAAAサービスを使用したユ...

WWWとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
WWWはWorld Wide Webの略で、インターネットに存在するドキュメントをURI(Uniform Resource Identifier)で表現し、ブラウザと呼ばれるクライアントで参照できるようにするシステムである。ドキュメントは、主にHTML(HyperText Markup Language)と呼ばれる言語で文書表現し、記述される。WWWの特徴として、他のドキュメントのURIを埋め込み...

メールサーバとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
MTA(Mail Transfer Agent)とは、メールクライアントから受信したメールを受信し、別のMTAやMDA(Mail Delivery Agent)に配送するメールサーバの機能である。MTAの機能を持つオープンソースのメールサーバとしては、PostfixやSendmail、qmailなどが有名である。製品ではMicrosoft Exchange Serverなどがある。メールのDNS...

WWWサーバとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
WWWサーバとは、WEBブラウザ等のクライアントとHTTPによるデータの送受信を行うソフトウェアである。最初に開発されたWWWサーバはCERN(欧州原子核研究機構)が開発したCERN httpdである。このWWWサーバはWWWの仕組みを考えたTim Berners-Leeが中心となって開発を行なっていた。現在では、WWWサーバのデファクトスタンダードとしてApache HTTP Serverが知...

暗号化とは | OSSでのシステム構築・デージーネット
暗号化とは、特定の情報を第三者が解釈できない形式に変換することである。暗号化を行う前の情報を「平文」、暗号化された情報を平文に戻すことを「復号化」という。インターネット上でやりとりされる情報は暗号化しない限り、平文のままである。この場合、第三者がネットワークを流れるデータを参照することで、個人情報や機密情報などを奪取することが可能である。そのため情報の暗号化が必要となる。暗号化の方式として有名...

WEBメールとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
WEBメールとは、WEBインタフェースを利用してメールの送受信を行うメールクライアント機能、またはサービスのことである。WEBメールを利用することの利点WEBメールを利用することで、ユーザには次のような利点がある。メールを送受信する機能に絞った場合、ユーザにとって、メールサーバへの接続などの特別な設定をユーザ自身が行う必要がなく、WEBブラウザを利用してログインするだけで利用することができる...

標的型攻撃とは | OSSでのシステム構築・デージーネット
特定の個人や組織を対象に行われるサイバー攻撃の総称。サイトの乗っ取り、情報の搾取、サービス攻撃などの攻撃が行われる可能性がある。インターネットでは、ウィルスが含まれるファイルをメールに添付したり、特定のWebサイトの情報を経由するなど、様々な攻撃が行われている。その攻撃の多くは、不特定多数に対して行われている。例えば、ウィルスを含むファイルを添付したメールが送られてきても、送信者やタイトルを見て不...

インターネットに関する情報・用語まとめ先頭へ