よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > DSとは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

DSとは

DSとは、DNSSECで信頼の連鎖を構築するためのリソースレコードである。

DNSSECでは、子ゾーンのDSを親ゾーンに登録し、親ゾーンはさらに上のゾーンにDSを登録することで信頼の連鎖を構築している。この信頼の連鎖があるため、攻撃により、あるゾーン情報が偽装され誤ったKSKが送信されたとしても親ゾーンに登録してあるDSと比較すれば、偽装を検知できる。

DSの生成

DSは、鍵署名公開鍵(KSK)をSHA-1/SHA-256等のハッシュ関数で変換したハッシュ値を用いて生成される。

【カテゴリ】:DNS  セキュリティ  

オープンソースで大量ログデータの統合管理
〜ログ管理OSS「Graylog」のご紹介〜

日程: 1月16日(木)デージーネット東京営業所
1月24日(金)デージーネット本社
内容: 大量のログファイルを収集しても、事件・事故が発生したときにログデータを活用できていない、もっとログデータをわかりやすく管理したいなどの悩みを解決する大量ログデータ統合管理のOSS「Graylog」についてご紹介いたします。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

関連用語

DSに関連するページ(事例など)

DSとは先頭へ