よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > P2Vとは

  • もっと調べる

P2Vとは

P2Vとは、Physical to Virtualを表現したもので、物理サーバのシステムを仮想サーバへ移行することである。

仮想化システムを導入した際に、現在稼動している物理サーバを仮想システムへ集約する時に利用される技術である。メジャーなOSは、P2V支援ソフトウェアによって移行できる場合がある。また、古いハードウェアおよびOSで動いているアプリケーションが、新しいOSでは動作できないようなケースにおいて、P2Vによって古いハードウェアから移行して救済する場合がある。ただし、このような古いハードウェアで動作しているシステムは、P2V支援ソフトウェアでサポートしていない可能性がある。

しかし、P2Vができないわけではなく、OSの動作原理や構成を理解していれば、P2V支援ソフトウェアを利用しなくても、手動で行うことができる。この場合、仮想サーバ側の仮想ハードウェアをOSのドライバで利用できるかがポイントである。実際にデージーネットでは、P2V支援ソフトウェアがサポートしていない古いLinuxシステム(例:Redhat Linux 6.2)についても移行を行っている。

【カテゴリ】:仮想化  

オープンソースで大量ログデータの統合管理
〜ログ管理OSS「Graylog」のご紹介〜

日程: 1月16日(木)デージーネット東京営業所
1月24日(金)デージーネット本社
内容: 大量のログファイルを収集しても、事件・事故が発生したときにログデータを活用できていない、もっとログデータをわかりやすく管理したいなどの悩みを解決する大量ログデータ統合管理のOSS「Graylog」についてご紹介いたします。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

  • もっと調べる

関連用語

P2Vに関連するページ(事例など)

P2Vとは先頭へ