オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > デージーネットのOSS > SaMMAadmin

next up previous contents
Next: 4. 操作方法 Up: SaMMAadmin Previous: 2. 準備


3. インストール

3.1 SaMMAadminの入手と展開

SaMMAadminプラグインはSaMMAadminプロジェクトのダウンロードページから入手することができます。

https://osdn.jp/projects/sammaadmin/

SaMMAadminプラグインをダウンロードしたら、postLDAPadminが展開されているディレクトリへ圧縮されたアーカイブファイルを展開します。
展開するディレクトリはWEBサーバから参照可能である必要があります。
次は、postLDAPadminが/usr/local/配下へ展開されている場合の例です。

SaMMAadminのインストール
# tar zxf sammaadmin-VERSION.tar.gz -C /usr/local/postldapadmin


このように展開した場合、展開後のディレクトリ構成は表[*]のようになります。


表: SaMMAadminのディレクトリ構成例
ディレクトリ名 解説
/usr/local/postldapadmin/htdocs/admin/postldapadmin/samma 管理者用SaMMA管理インタフェースに関するファイルを格納するディレクトリ
/usr/local/postldapadmin/htdocs/user/postldapadmin/samma ユーザ用SaMMA管理インタフェースに関するファイルを格納するディレクトリ

3.2 postLDAPadminの設定

SaMMAadminプラグインをpostLDAPadminで利用できるようにするには、postLDAPadminの設定ファイルを編集します。

  • 設定ファイル(web.conf)の編集
  • タブファイルの編集
  • イニシャルファイルの編集
  • テンプレートファイルの編集

3.2.1 設定ファイル(web.conf)の編集

管理する仮想ドメインのweb.conf内の[postLDAPadmin]セクションに、「SearchUserButton」と「SammaConf」の項目を追加します。
次は、SaMMAを/usr/local配下へインストールしたときの例です。

web.confの設定例
 :
[postLDAPadmin]
 :
SearchUserButton=SaMMA:samma_list.php:samma.png	← 追加
SammaConf=/usr/local/etc/samma/samma.conf	← 追加

「SerachUserButton」の値は「:」で区切って記載します。

  • 1カラム目:プラグイン名
  • 2カラム目:管理者用ユーザ検索結果から遷移するプログラムファイル名
  • 3カラム目:管理者用ユーザ検索結果に編集リンクとして表示する画像ファイル名

※ 複数プラグインを追加する再には「,」で区切って記載してください。

3.2.2 タブファイルの編集

postLDAPadminの管理画面に、SaMMAadminの管理ページが表示されるようにタブファイルを編集します。管理する仮想ドメインのtab.confに以下のように項目を追加してください。

管理者用タブファイル(tab.conf)の設定例(追加行)
postldapadmin/samma:SaMMA管理
postldapadmin/samma/sender:内部ドメイン設定
postldapadmin/samma/rcpt:受信者設定
postldapadmin/samma/tmpl:テンプレート編集
postldapadmin/samma/config:設定ファイル編集

ユーザ用タブファイル(user_tab.conf)の設定例(追加行)
postldapadmin/samma:暗号化設定

※ 記載方法はpostLDAPadminのマニュアルページ(http://www.designet.co.jp/seihin/postldapadmin/index.php)を参照してください。

3.2.3 イニシャルファイルの編集

web.confに追記した項目をpostLDAPadminで使用できるようにするために、イニシャルファイルを編集します。
postLDAPadminを/usr/local配下にインストールした場合、イニシャルファイルは以下の場所に配置されます。

  • 管理者用イニシャルファイル:/usr/local/postldapadmin/htdocs/admin/postldapadmin/initial
  • ユーザ用イニシャルファイル:/usr/local/postldapadmin/htdocs/user/initial

次は、postLDAPadminを/usr/local配下にインストールしたときの例です。

管理者用イニシャルファイルの設定例(追加行)
/usr/local/postldapadmin/htdocs/admin/postldapadmin/initial
 :
$conf_keys["postldapadmin"]["sammaconf"] = "no_check";
?>

ユーザ用イニシャルファイルの設定例(追加行)
/usr/local/postldapadmin/htdocs/user/initial
 :
$conf_keys["postldapadmin"]["sammaconf"] = "no_check";
?>

3.2.4 テンプレートファイルの編集

postLDAPadminのユーザアカウント検索画面に、SaMMAの編集ボタンが表示されるようにテンプレートファイルを編集します。
admin_user_search.tmplに以下のように項目を追加してください。

ユーザアカウント検索画面のテンプレートファイル設定例(追加行)
/usr/local/postldapadmin/tmpl/admin_user_search.tmpl
:
 <<FORWARD_START>>
         <td class="search_quota">転送設定</td>
 <<FORWARD_END>>
        <td class="search_ref"></td> ← 追加
       </tr>
 <<STARTLOOP>>
:
 <<FORWARD_START>>
         <td class="value_forward"><<FORWARD>></td>
 <<FORWARD_END>>
         <td class="value_forward"><<PLUGIN0>></td> ← 追加
       </tr>
 <<ENDLOOP>>
     </table>
:

3.2.5 SaMMA設定ファイルの権限の変更

SaMMAadminプラグインのWEBインタフェースからSaMMAの設定更新が行えるように、次のファイルの権限を変更します。

  • SaMMA設定ファイル(samma.conf)
  • パスワード通知メールテンプレートファイル
  • 内部ドメインDBファイル
  • 受信者DBファイル

SaMMA設定ファイル(samma.conf)のパーミッションを、オーナー:WEBサーバ起動ユーザ、グループ:WEBサーバ起動グループ、パーミッションを600に設定します。
次は、WEBサーバの起動ユーザ/グループがapacheのときの設定例です。
ここでは、SaMMAが/usr/local配下にインストールされていることを前提としています。

SaMMA設定ファイル(samma.conf)のパーミッション変更
# cd /usr/local/etc/samma
# chown apache:apache samma.conf
# chmod 600 samma.conf

パスワード通知メールテンプレートファイル(samma.tmpl)のパーミッションを、オーナー:WEBサーバ起動ユーザ、グループ:WEBサーバ起動グループ、パーミッションを600に設定します。
次は、WEBサーバの起動ユーザ/グループがapache、パスワード通知メールテンプレートファイルが/usr/local/etc/samma/samma.tmplとして設定を行ったときの設定例です。

パスワード通知メールテンプレートファイルのパーミッション変更
# chown apache:apache samma.tmpl
# chmod 600 samma.tmpl

内部ドメインDBファイルのパーミッションを、グループ:WEBサーバ起動グループ、パーミッションを660に設定します。
次は、WEBサーバの起動ユーザ/グループがapache、内部ドメインDBファイルを/usr/local/etc/samma/sender.dbとして設定を行ったときの設定例です。

内部ドメインDBファイルのパーミッション変更
# chgrp apache sender.db
# chmod 660 sender.db

受信者DBファイルのパーミッションを、グループ:WEBサーバ起動グループ、パーミッションを660に設定します。
次は、WEBサーバの起動ユーザ/グループがapache、受信者DBファイルを/usr/local/etc/samma/rcpt.dbとして設定を行ったときの設定例です。

受信者DBファイルのパーミッション変更
# chgrp apache rcpt.db
# chmod 660 rcpt.db

next up previous contents
Next: 4. 操作方法 Up: SaMMAadmin Previous: 2. 準備

29年11月01日