オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > 一押しOSS > OSSの全文検索システム Fess > OSSの全文検索システム Fessでサイト内検索

OSSの全文検索システム Fessでサイト内検索

OSSの「Fess」を利用したサイト内検索を実装すると、サイトをより便利に使いやすくできます。 ここでは、サイト内検索を実装すると何ができるようになるのか、どんな点で「Fess」を利用したサイト内検索が優れているのかを紹介します。

サイト内検索で目的のページへ素早く到達

ホームページの規模が大きくなり、サイト内のページ数が多くなってくると「目的のページにたどり着くまでに時間が掛かる」ということが課題になってきます。OSSのFessを利用しサイト内検索を実装することで、サイト内の目的としているページへ素早くアクセスできるようになります。

インストール後すぐに使えるサイト内検索

Fessのサイト内検索は、インストール後すぐに使い始めることができます。なぜなら、Fessではサイト内検索のほとんど全ての設定をWebインターフェースから行うことができるためです。なので、サイト内検索の実装にコマンドなど複雑な操作は必要ありません。 以下、OSSのFessでサイト内検索を実装する場合の設定画面例です。

Fessサイト内検索のスケジュール設定画面例

【クローラの設定でさらに便利に】Fessのサイト内検索

Fessのサイト内検索は、サイト内をクロールするクローラの設定によってさらに便利に利用することができます。

サイトにかかる負荷を軽減

Fessのサイト内検索では、サイト内のクローリング中にかかる負荷を軽減することができます。サイト内のクロール設定時に、同時アクセス数とアクセス間隔を調整することで、コンテンツの状況に合わせた最適な設定ができます。

サイト内検索の結果からの除外

サイトによっては、サイト内検索の結果として表示させたくないページがある場合があります。そういった場合には、サイト内のクロール設定時に、サイト内検索の結果に表示させたくないページを登録しておくことで、検索結果から除外できます。

【サイトイメージに合わせたデザインに変更】Fessのサイト内検索

Fessのサイト内検索に用いるWebインターフェイスは、充分に作り込まれています。Fessのサイト内検索画面は、デフォルトで現代的なフラットデザインを採用し、スマート端末にも対応できるレスポンシブデザインとなっています。そのため、デフォルトのままサイト内検索に使用することももちろん可能です。(下の画像は、サイト内検索のデフォルト画面です。)

Fessサイト内検索のインターフェース

しかし、サイト内検索を企業サイトで利用するためには、ブランドイメージに合わせてデザインを変更することが必要になります。

Webインターフェースからデザイン変更

Fessのサイト内検索では、WebインターフェースからHTMLを編集することが可能です。そのため、HTMLやCSSの知識があればサイト内検索の画面デザインを変更することができます。なので、自社のサイトイメージに合わせてサイト内検索の画面デザインを自由に作成することができます。

Fessサイト内検索のページデザイン画面例

サイトイメージに合わせた独自デザインに変更

Fessでは、API仕様が公開されています。そのため、プログラマが独自デザインのサイト内検索Webインターフェースを開発しやすくなっています。また、サイト内検索に独自の付加機能を付けることもできます。 デージーネットのサイト内検索でも全体のイメージに合わせてデザインを変更しています。

デージーネットサイト内検索の画面例

このように、Fessのサイト内検索では、サイトのイメージに合わせてデザインを柔軟に変更することができます。画面内のサムネイル表示は、Fessのサイト内検索機能とは別に独自に付加した機能です。

【ユーザ動向の解析】Fessのサイト内検索

サイト内検索を実装し、FessをOSSの可視化ソフトウェアKibanaと連携させることで次のような情報を参照することが可能です。

  • サイト内検索をしたキーワード
  • サイト内検索をした時間帯
  • サイト内検索をしたが、どのページにもマッチしなかった結果

サイト内検索FessとKibanaとの連携例

このように、サイト内検索の利用ユーザの動向を分析できるため、ユーザのニーズに合ったサイトの改善や施策を行うことができます。

一押しOSS【全文検索システムFess】

OSSの全文検索システム Fess
ここでは、OSSの全文検索システム「Fess」でできること、Fessに対するデージーネットのサポートについてご紹介します。
Fessでサイト内の全文検索
Fessの機能を利用して、サイト内の全文検索を実装することができます。ここでは、Fessでのサイト内全文検索の便利なところを紹介します。
Fessでサイトの内全文検索【応用例】
ここでは、OSSの全文検索システムFessでのサイト内全文検索の応用例を紹介します。
Fessでファイルサーバの全文検索
Fessの機能を利用して、ファイルサーバの全文検索を行うことができます。ここでは、ファイルサーバ全文検索の便利なところを紹介します。
Fessについてのよくある質問
ここでは、全文検索システムFessの導入検討時にお客様からいただくよくある質問を紹介します。

Fessによるサイト内検索システム事例

ホームページにサイト内検索の機能を持たせたいということで、相談を受けました。デージーネットからは、OSSであるFessを使った全文検索システムを提案しました。サイト内検索の統計情報や、検索キーワードなどはKibanaを使って参照できるようになり、SEO対策にも生かせるようになりました。

Fessによるファイルサーバ検索システム事例

社員の情報共有のために、ファイルサーバに保管されている情報を効率よく検索するシステムを導入したいという要望があり、OSSのFessを提案しました。ビックデータの技術を利用して高速検索ができるようになり、ファイルを探す手間が省けるようになりました。

Fess調査報告書

Fessは全文検索サーバです。WEBサイト内やファイルシステム内のデータを自動的に収集してElasticsearchに保管し、全文検索を行うことができます。データの収集の設定や検索のためのWEBインタフェースが用意されているため、導入してすぐ全文検索システムを使うことができます。

Elasticsearchを使ったログ解析システム構築事例

CATVのインターネットサービスでは、障害の対応や犯罪捜査への協力のために、IPアドレスから利用者を特定しなければならない場合があります。従来は、DHCPサーバ、WWWサーバ、メールサーバ、課金システムなどの膨大なログをgrepコマンドを使って調査し、利用者を特定していました。そのため、調査は大変時間がかかる作業でした。この調査を効率化できないかと相談を受け対応しました。

Fessでサイト内検索の先頭へ