オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > 一押しOSS > 全文検索システム〜Fess〜 > Fessの保守・サポート

Fessの保守・サポート

Fessは、大変優秀で使いやすい全文検索のソフトウェアです。しかしながら、インストールして、実際に全文検索サービスが利用できる状態にするには、それなりの難易度があります。また、導入後も、文書によっては上手くインデックスに反映されなかったり、文字化けをしてしまうなどの問題が発生する場合があります。そのため、システムの導入にあたっては、保守・サポートを併せて検討する必要があります。ここでは、次のようなFessのサポートについて紹介します。

Fessサーバ構築と構築後の保守・サポート

デージーネットでは、Fessを利用した全文検索システムの構築を行っています。デージーネットで構築したサーバについては、構築後のサポートとしてOpen Smart Assistanceをご利用頂くことができます。Open Smart Assistanceを利用すると、次のような保守・サポートをリーズナブルな価格でご利用頂けます。

  • Fessのパッケージ提供
  • Fessの利用法に関するQ&A
  • セキュリティ情報の提供
  • セキュリティアップデート時のパッケージ提供
  • システムに障害が発生した場合の調査と回避

ソフトウェアのサポート

構築は自分で行うという方は、商用サポートをご利用頂くことができます。Fessの商用サポート版は、N2Searchという名称で提供しています。

ライセンス費用

Fessの商用サポート(N2Search)は、ドキュメント数に応じた年額ライセンス制になっています。

  • 10万ドキュメントまで
  • 180,000円/年
  • 30万ドキュメントまで
  • 280,000円/年
  • それ以上(大規模)
  • 300,000円/年

ライセンスには、次のものが含まれます。

  • ソフトウェア使用権
  • 不具合(再現可能なもの)に関するメール、電話による問い合わせ
  • 不具合の改修
  • バージョンアップ時のソフトウェア使用権(インストール作業は含みません)

インストレーションサポートは含まれていません。

保守・サポート対応環境

Fessの商用サポート(N2Search)は、次の環境に対して提供しています。

サポート可能なOS

  • RedHat Enterprise Linux
  • CentOS
  • Debian
  • Ubuntu
  • Windows Server 2012, 2016

Java 8u20(32bit/64bit)以上が必要です。

サポート可能なブラウザ

  • Internet Explorer 10, 11
  • Firefox
  • Chrome
  • Safari

サポート対象となるサーバスペック

  • CPU 2コア(4コア以上を推奨)
  • メモリ 8GB(16GB以上を推奨)
  • ハードディスク 200GB(データ容量に応じて、500GB以上を推奨)

Fess(N2Search)インストレーションサポート

お客様でFess(N2Search)のインストレーションを行う場合には、インストールの保守・サポートをご利用いただけます。それぞれ、期間と支援工数に応じた2つのメニューを用意しています。いずれも、メールによるリモートでの対応になります。

【期間固定型】

  • 2週間以内(40時間まで)
  • 30万円
  • 1ヶ月以内(80時間まで)
  • 60万円

【インシデント型】

  • 3ヶ月以内(5件まで)
  • 20万円
  • 3ヶ月以内(10件まで)
  • 40万円

全文検索システムFess【一押しOSS】

全文検索システム〜Fess〜
ここでは、OSSの全文検索システム「Fess」でできること、Fessに対するデージーネットのサポートについてご紹介します。
サイト内検索のOSS「Fess」
Fessの機能を利用して、サイト内の全文検索を実装することができます。ここでは、Fessでのサイト内全文検索の便利なところを紹介します。
Fessでサイト内検索【応用】
ここでは、OSSの全文検索システムFessでのサイト内全文検索の応用例を紹介します。
ファイルサーバ全文検索
Fessの機能を利用して、ファイルサーバの全文検索を行うことができます。ここでは、ファイルサーバ全文検索の便利なところを紹介します。
Fessの保守・サポート
ここでは、Fessの保守・サポートについて紹介します。
Fessのよくある質問
ここでは、全文検索システムFessの導入検討時にお客様からいただくよくある質問を紹介します。

Fessによるサイト内検索システム事例

ホームページにサイト内検索の機能を持たせたいということで、相談を受けました。デージーネットからは、OSSであるFessを使った全文検索システムを提案しました。サイト内検索の統計情報や、検索キーワードなどはKibanaを使って参照できるようになり、SEO対策にも生かせるようになりました。

Fessによるファイルサーバ検索システム事例

社員の情報共有のために、ファイルサーバに保管されている情報を効率よく検索するシステムを導入したいという要望があり、OSSのFessを提案しました。ビックデータの技術を利用して高速検索ができるようになり、ファイルを探す手間が省けるようになりました。

Fess調査報告書

Fessは全文検索サーバです。WEBサイト内やファイルシステム内のデータを自動的に収集してElasticsearchに保管し、全文検索を行うことができます。データの収集の設定や検索のためのWEBインタフェースが用意されているため、導入してすぐ全文検索システムを使うことができます。

Elasticsearchを使ったログ解析システム構築事例

CATVのインターネットサービスでは、障害の対応や犯罪捜査への協力のために、IPアドレスから利用者を特定しなければならない場合があります。従来は、DHCPサーバ、WWWサーバ、メールサーバ、課金システムなどの膨大なログをgrepコマンドを使って調査し、利用者を特定していました。そのため、調査は大変時間がかかる作業でした。この調査を効率化できないかと相談を受け対応しました。

Fessの保守・サポートの先頭へ