オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > 一押しOSS > OSSの全文検索システム Fess > Fessでサイト内検索【応用例】

Fessでサイト内検索【応用例】

ここでは、全文検索システムFessでのサイト内検索で、デージーネットのコーポレートサイトでも利用している応用例を紹介します。 ここで紹介している機能を利用することで、Fessでのサイト内検索をさらに便利にできます。

目次

Fessでは、絞り込み検索を実装し、条件を可視化することで、欲しい情報への到達性が向上させることができます。Fessはクローリング時にデータに特定の「ラベル」を付けることができます。この機能を利用して、データをコンテンツごとにラベルでカテゴライズすることで、絞り込み検索を可能にしています。以下、絞り込み検索実装例です。

入力の手間を省き、クリック・タッチだけで検索が行なえるためユーザーの検索の手間を軽減させることも可能です。

応用例②:関連ワードで検索

関連ワード検索を利用することで目的のページやファイルへの到達性を向上させることができます。企業のサービスは固有名詞であることがほとんどです。しかし、多くのユーザーは検索する際、一般名詞で検索を行います。また、スペルがわからないものは、ひらがなやカタカナで検索します。

例:デージーネットの場合

固有名詞

  • 保守サービス:Open Smart Assistance
  • 構築サービス:Open Smart Design
  • 開発ソフトウェア:SaMMA、SyLASなど

一般名詞

  • 保守サービス
  • システム構築
  • さんま、シラス

デージーネットのサイトでは、ユーザが検索するワードを元に、関連するキーワードの検索結果を表示するようにしています。

応用例③:一押しコンテンツをプロモーション

Fessを利用したサイト内検索では、新製品や注目コンテンツなどを広告することができます。これはFessの、特定のキーワードで検索した場合に、特定のサービスページを表示する機能を利用したものです。以下デージーネットのサイト内検索での実装例です。

このように、一押しのコンテンツや新商品などを表示させることができます。

応用例④:サムネイルの表示調整

Fessには標準機能でサムネイルを表示する機能がありますが、コンテンツの内容にそぐわない画像が表示される場合が多々あります。 例えば、ページの上部ばかりがサムネイルとして使われていて、ほとんどのサムネイルが同じような画像になってしまうということがあります。

そのため、デージーネットでは、サムネイルの作成を別の機構で行い、Fessのデータに挿入、表示するようにしています。

上手く表示されたサムネイル

上手く表示されていないサムネイル


一押しOSS情報 「Fess」

OSSの全文検索システム Fess
ここでは、OSSの全文検索システム「Fess」でできること、Fessに対するデージーネットのサポートについてご紹介します。
Fessでファイルサーバの全文検索
Fessの機能を利用して、ファイルサーバの全文検索を行うことができます。ここでは、ファイルサーバ全文検索の便利なところを紹介します。
Fessでサイト内検索
Fessの機能を利用して、サイト内検索を実装することができます。ここでは、Fessでのサイト内検索の便利なところを紹介します。
Fessでサイト内検索【応用例】
ここでは、Fessでのサイト内検索の応用例を紹介します。
Fessについてのよくある質問
ここでは、Fess導入検討時にお客様からいただくよくある質問を紹介します。

Fessによるサイト内検索システム

ホームページにサイト内検索の機能を持たせたいということで、相談を受けました。デージーネットからは、Fessを使った検索システムを提案しました。サイト内検索の統計情報や、検索キーワードなどはKibanaを使って参照できるようになり、SEO対策にも生かせるようになりました。

Fessによるファイルサーバ検索システム

社員の情報共有のために、ファイルサーバに保管されている情報を効率よく検索するシステムを導入したいという要望があり、Fessを提案しました。ビックデータの技術を利用して高速検索ができるようになり、ファイルを探す手間が省けるようになりました。

Fess調査報告書

Fessは全文検索サーバです。WEBサイト内やファイルシステム内のデータを自動的に収集してElasticsearchに保管し、検索を行うことができます。データの収集の設定や検索のためのWEBインタフェースが用意されているため、導入してすぐ使うことができます。

Elasticsearchを使ったログ解析システム構築事例

CATVのインターネットサービスでは、障害の対応や犯罪捜査への協力のために、IPアドレスから利用者を特定しなければならない場合があります。従来は、DHCPサーバ、WWWサーバ、メールサーバ、課金システムなどの膨大なログをgrepコマンドを使って調査し、利用者を特定していました。そのため、調査は大変時間がかかる作業でした。この調査を効率化できないかと相談を受け対応しました。

Fessでサイト内検索【応用例】の先頭へ