オープンソース(RadiusサーバとFreeRadiusとDaloRadius)

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > 一押しOSS > RADIUSサーバ FreeRADIUSとdaloRADIUS > FreeRADIUSとdaloRADIUSによるNASの管理

FreeRADIUSとdaloRADIUSによるNASの管理

ここでは、NASの管理方法を画面イメージと共に紹介します。daloRADIUSを使うと、FreeRADIUSの管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。

NASの管理

FreeRADIUSを利用して認証を行なうネットワーク機器を増やしたいときに必要なのが、NASの設定です。NASは、RADIUSサーバを利用して認証を行なうネットワーク機器のことです。どのNASがFreeRADIUSを利用できるのかを、あらかじめ登録しておく必要があります。FreeRADIUSでは、NASの設定は/etc/raddb/clients.confというファイルに設定します。次は、その設定例です。

/etc/raddb/clients.conf

client 192.168.7.22 {
        secret = iw79GldQ.
        shortname = RT011
}
                                    

daloRADIUSを使うと、次のように簡単にWEB画面からNASを登録することができます。

Radius-NAS登録

一押しOSS情報 「FreeRADIUSとdaloRADIUS」

Radiusサーバ
FreeRADIUSとdaloRADIUS
RADIUSサーバの課題とデージーネットが提案するオープンソースのRADIUSサーバについてご紹介します。
ユーザ管理
daloRADIUSを使うと、FreeRADIUSの管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。ここでは、ユーザ管理について画面イメージと共に紹介します。
グループとプロファイルの機能
daloRADIUSを使うと、FreeRADIUSの管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。ここでは、グループとプロファイルの機能について画面イメージと共に紹介します。
NASの管理
daloRADIUSを使うと、FreeRADIUSの管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。ここでは、NASの管理について画面イメージと共に紹介します。
IPアドレスの割り当て
daloRADIUSを使うと、FreeRADIUSの管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。ここでは、IPアドレスの割り当てについて画面イメージと共に紹介します。
アカウンティング
daloRADIUSを使うと、FreeRADIUSの管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。ここでは、アカウンティング情報について画面イメージと共に紹介します。
レポート
daloRADIUSを使うことで、FreeRADIUSの管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。ここでは、利用頻度、最終接続の調査について画面イメージと共に紹介します。
サーバやサービス状態の確認
daloRADIUSを使うことで、FreeRADIUSの管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。ここでは、サーバやサービス状態の確認について画面イメージと共に紹介します。
FreeRADIUSとdaloRADIUSのよくある質問
FreeRADIUSとdaloRADIUSについて、お客様からよくいただく質問にお答えします。

Radiusサーバー構築

ケーブルテレビの契約ユーザが自由に使用できるWi-Fiホットスポットを提供するためのRADIUSサーバをFreeRADIUSを使って導入しました。既存の管理システムとの連携を求められていたため、外部連携に実績のあるFreeRADIUSを提案しました。

daloRADIUSを使用したRadiusサーバ事例

daloRADIUSを利用して、FreeRADIUSが出力する、ユーザのログインやログアウト情報をウェブインタフェースから参照できるようになりました。daloRADIUSは日本語にも対応していて、操作が容易になりました。

NASの管理の先頭へ