オープンソース(RadiusサーバとFreeRadiusとDaloRadius)

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > 一押しOSS > RADIUSサーバ FreeRADIUSとdaloRADIUS > FreeRADIUSとdaloRADIUSのアカウンティング

FreeRADIUSとdaloRADIUSのアカウンティング

ここでは、ユーザごとの利用状況を管理する機能について紹介します。daloRADIUSを使うことで、アカウンティング情報の管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。

アカウンティング

アカウンティングは、ユーザ毎の利用状況を管理する機能です。時間での従量課金などで使うデータとして利用することができます。FreeRADIUSでは、/var/log/radius/radacct//detail-YYYYMMDDという形式のファイル名で、アカウンティング情報が保存されます。

このファイルは、テキスト形式のログファイルです。そのため、アカウンティング情報を取り出すには、このファイルの情報を元に解析を行なう必要があります。

アカウンティングログの例

Fri Feb 10 16:56:06 2017
        Acct-Status-Type = Start
        Acct-Session-Id = '12345678'
        User-Name = 'test0001'
        NAS-Port = 0
        Framed-IP-Address = 10.10.10.10
        Calling-Station-Id = '052-123-4567'
        NAS-IP-Address = 127.0.0.1
        Event-Timestamp = 'Feb 10 2017 16:56:06 JST'
        Acct-Unique-Session-Id = '907b3d6551e764d5630c5b10b20034c3'
        Timestamp = 1486713366

Fri Feb 10 17:00:02 2017
        User-Name = 'test0001'
        Acct-Session-Id = '12345678'
        Acct-Status-Type = Stop
        NAS-IP-Address = 127.0.0.1
        NAS-Port = 0
        Service-Type = Login-User
        Framed-IP-Address = 10.10.10.10
        Acct-Session-Time = 236
        Calling-Station-Id = '052-123-4567'
        Event-Timestamp = 'Feb 10 2017 17:00:02 JST'
                                    

daloRADIUSでは、次のような画面が用意されていて、非常に簡単にアカウンティング情報を参照することができます。

Radius-アカウンティング

なお、アカウンティング情報は、ユーザの利用開始のログと利用終了のログを確認して集計します。ユーザが適切に接続を終了しなかった場合や、突然の回線切断、機器の障害などによって、利用終了のログが登録されないと、ユーザが接続したままの状態に見えてしまいます。FreeRADIUSでは、コマンドを使って、この状態をクリアすることができます。

# radzap -x -u test0001 127.0.0.1 testing123
                                    

daloRADIUSでは、このようなアカウンティングレコードの削除もWEB画面から行なえます。

Radius-アカウンティングレコード削除

一押しOSS情報 「FreeRADIUSとdaloRADIUS」

Radiusサーバ
FreeRADIUSとdaloRADIUS
RADIUSサーバの課題とデージーネットが提案するオープンソースのRADIUSサーバについてご紹介します。
ユーザ管理
daloRADIUSを使うと、FreeRADIUSの管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。ここでは、ユーザ管理について画面イメージと共に紹介します。
グループとプロファイルの機能
daloRADIUSを使うと、FreeRADIUSの管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。ここでは、グループとプロファイルの機能について画面イメージと共に紹介します。
NASの管理
daloRADIUSを使うと、FreeRADIUSの管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。ここでは、NASの管理について画面イメージと共に紹介します。
IPアドレスの割り当て
daloRADIUSを使うと、FreeRADIUSの管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。ここでは、IPアドレスの割り当てについて画面イメージと共に紹介します。
アカウンティング
daloRADIUSを使うと、FreeRADIUSの管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。ここでは、アカウンティング情報について画面イメージと共に紹介します。
レポート
daloRADIUSを使うことで、FreeRADIUSの管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。ここでは、利用頻度、最終接続の調査について画面イメージと共に紹介します。
サーバやサービス状態の確認
daloRADIUSを使うことで、FreeRADIUSの管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。ここでは、サーバやサービス状態の確認について画面イメージと共に紹介します。
FreeRADIUSとdaloRADIUSのよくある質問
FreeRADIUSとdaloRADIUSについて、お客様からよくいただく質問にお答えします。

Radiusサーバー構築

ケーブルテレビの契約ユーザが自由に使用できるWi-Fiホットスポットを提供するためのRADIUSサーバをFreeRADIUSを使って導入しました。既存の管理システムとの連携を求められていたため、外部連携に実績のあるFreeRADIUSを提案しました。

daloRADIUSを使用したRadiusサーバ事例

daloRADIUSを利用して、FreeRADIUSが出力する、ユーザのログインやログアウト情報をウェブインタフェースから参照できるようになりました。daloRADIUSは日本語にも対応していて、操作が容易になりました。

アカウンティングの先頭へ