オープンソース(RadiusサーバとFreeRadiusとDaloRadius)

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > 一押しOSS > Radiusサーバ FreeRADIUSとdaloRADIUS > FreeRADIUSとdaloRADIUSのよくある質問

FreeRADIUSとdaloRADIUSのよくある質問

ここでは、FreeRADIUSとdaloRADIUSについて、お客様からよくいただく質問にお答えします。なお、デージーネットでは、OSSを活用したRADIUSサーバの構築やコンサルティングを行っています。

よくある質問

QFreeRADIUSとdaloRADIUSはどのようなソフトウェアですか?
A

FreeRADIUSは、RedHat Enterprise LinuxSuSE Linux Enterprise Server、Debian、Ubuntuなど、様々なLinuxディストリビューションに採用されているRADIUSサーバです。FreeRADIUSはオープンソースソフトウェアですので、ユーザ数に関係なく自由に利用することができます。

FreeRADIUSは、RADIUSサーバのデファクトスタンダードで、RADIUSサーバとして必要な次の機能を備えています。

  • AAA(認証、承認、アカウンティング)の機能
  • RADIUSクライアントの共有鍵
  • RADIUSプロキシの機能
  • IEEE 802.1X認証(EAP-TLS、EAP-PEAP、EAP-TTLS)

daloRADIUSは、Liran Tal氏が開発し、管理しているオープンソースソフトウェアです。GNU General Public License version 2.0 (GPLv2)の下で公開されています。daloRADIUSは、FreeRADIUSのフロントエンドとして利用することができます。FreeRADIUSとdaloRADIUSを組み合わせて使うことで、通常の運用で必要なログの管理やユーザの管理などのオペレーションをWEB経由で行うことができるようになります。そのため、FreeRADIUS導入の大きな課題であった運用管理の負荷を、大幅に低減することができるのです。

なお、以前のdaloRADIUSは日本語化されていませんでした。しかし、2016年にデージーネットが日本語化を行い、作者にパッチを提供しました。また、オリジナルのdaloRADIUSには、いくつかのセキュリティの問題とバグがありました。デージーネットでは、これらの問題の対策パッチも製作者にフィードバックを行ない、採用されています。

デージーネットでは、daloRADIUSとFreeRADIUSを組み合わせたシステムを、インターネットサービスプロバイダに導入し稼働しています。そこでは、PPPoEの認証サーバとして利用しています。他にも、WiFiやVPN装置のユーザ認証のために利用している実績もあります。

Qユーザライセンス費用がかからなくても管理が煩雑ではないですか?
A

daloRADIUSを導入することによって、FreeRADIUSの大きな課題であった運用管理の負荷を、大幅に低減することができます。

daloRADIUSは、FreeRADIUSのフロントエンドとして利用することができます。FreeRADIUSとdaloRADIUSを組み合わせて使うことで、通常の運用で必要なログの管理やユーザの管理などのオペレーションをWEB経由で行うことができるようになります。実際の画面例などは、こちらからご覧いただけます。

QFreeRADIUSとdaloRADIUSを組み合わせると、システム構成はどうなりますか?
A

daloRADIUSは、PHPとJavaScriptで書かれています。そのため、稼働させるには、WebサーバとPHPが必要です。また、FreeRADIUSとの連携は、バックエンドのデータベースを介して行ないます。バックエンドデータベースとしては、MySQLPostgreSQL、SQLiteなどをサポートしています。

Radiusサーバ構成

Qユーザ登録はどのように行いますか?
A

FreeRADIUSを利用するために、必ず必要で、もっとも手間が掛かるのがユーザの登録です。
しかし、daloRADIUSを使用することでユーザの設定もWEBから行なうことができます。以下、daloRADIUSのユーザ登録画面です。

Radiusユーザ登録

QNASの管理はできますか?
A

はい。可能です。FreeRADIUSを利用して認証を行なうネットワーク機器を増やしたいときに必要なのが、NASの設定です。NASは、RADIUSサーバを利用して認証を行なうネットワーク機器のことです。どのNASがFreeRADIUSを利用できるのかを、あらかじめ登録しておく必要があります。

daloRADIUSを使うと、次のように簡単にWEB画面からNASを登録することができます。

Radius-NAS登録

QIPプールの登録はWEBからできますか?
A

はい。可能です。daloRADIUSでは、IPプールの登録もGUIで行なうことができます。以下、実際の画面例です。

  

Radius-ip-pool一覧

Radius-ip-pool登録

Qアカウンティング情報の参照は可能ですか?
A

daloRADIUSを使用することで、非常に簡単にアカウンティング情報を参照することができます。

Radius-アカウンティング

           

なお、アカウンティング情報は、ユーザの利用開始のログと利用終了のログを確認して集計します。ユーザが適切に接続を終了しなかった場合や、突然の回線切断、機器の障害などによって、利用終了のログが登録されないと、ユーザが接続したままの状態に見えてしまいます。

daloRADIUSでは、このようなアカウンティングレコードの削除もWEB画面から行なえます。

Radius-アカウンティングレコード削除

Qアクセスが多いユーザや最終接続の情報を閲覧できますか?
A

はい。可能です。daloRADIUSには、レポート機能が用意されているため、簡単にユーザ情報を確認できます。以下、アクセスが多いユーザの一覧と各ユーザの最終接続の情報を表示した画面です。

  

Radius-レポートトップユーザ

              

Radius-レポート最終接続

             
Q障害への対応のため、ログを確認したいのですが可能ですか?
A

はい。可能です。daloRADIUSを使用することで、ログも簡単に確認することができます。以下、実際の画面例です。

Radius-サーバログ

他にも、daloRADIUSでは、サーバ稼働状態の確認などもWEB画面から行えます。

FreeRADIUSやdaloRADIUSについてさらに詳しい情報をお求めの方は、お気軽に「お問い合わせ」下さい。

一押しOSS情報 「FreeRADIUSとdaloRADIUS」

Radiusサーバ
FreeRADIUSとdaloRADIUS
RADIUSサーバの課題とデージーネットが提案するオープンソースのRADIUSサーバについてご紹介します。
ユーザ管理
daloRADIUSを使うと、FreeRADIUSの管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。ここでは、ユーザ管理について画面イメージと共に紹介します。
グループとプロファイルの機能
daloRADIUSを使うと、FreeRADIUSの管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。ここでは、グループとプロファイルの機能について画面イメージと共に紹介します。
NASの管理
daloRADIUSを使うと、FreeRADIUSの管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。ここでは、NASの管理について画面イメージと共に紹介します。
IPアドレスの割り当て
daloRADIUSを使うと、FreeRADIUSの管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。ここでは、IPアドレスの割り当てについて画面イメージと共に紹介します。
アカウンティング
daloRADIUSを使うと、FreeRADIUSの管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。ここでは、アカウンティング情報について画面イメージと共に紹介します。
レポート
daloRADIUSを使うことで、FreeRADIUSの管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。ここでは、利用頻度、最終接続の調査について画面イメージと共に紹介します。
サーバやサービス状態の確認
daloRADIUSを使うことで、FreeRADIUSの管理をWebインタフェースを使って行えるようになります。ここでは、サーバやサービス状態の確認について画面イメージと共に紹介します。
FreeRADIUSとdaloRADIUSのよくある質問
FreeRADIUSとdaloRADIUSについて、お客様からよくいただく質問にお答えします。

Radiusサーバー構築

ケーブルテレビの契約ユーザが自由に使用できるWi-Fiホットスポットを提供するためのRADIUSサーバをFreeRADIUSを使って導入しました。既存の管理システムとの連携を求められていたため、外部連携に実績のあるFreeRADIUSを提案しました。

daloRADIUSを使用したRadiusサーバ事例

daloRADIUSを利用して、FreeRADIUSが出力する、ユーザのログインやログアウト情報をウェブインタフェースから参照できるようになりました。daloRADIUSは日本語にも対応していて、操作が容易になりました。

FreeRadiusとdaloRadiusのよくある質問の先頭へ