システム構築

サーバー構築のデージーネットTOP > システム構築 > 認証サーバ構築 > daloRADIUSを使用したRadiusサーバ

構築事例:daloRADIUSを使用したRadiusサーバ

Open Smart Design

daloRADIUSを利用して、FreeRADIUSが出力する、ユーザのログインやログアウト情報をウェブインタフェースから参照できるようになりました。daloRADIUSは日本語にも対応していて、操作が容易になりました。

導入企業業種
IT企業(神奈川県横浜市)
ユーザー規模
300,000ユーザ
利用OS
CentOS7
導入月
2016年12月頃
お客様が悩まれていた課題
RADIUSアカウンティング情報をウェブUIから参照したい。
できればウェブインタフェースは日本語に対応していると嬉しい。
RADIUSサーバはOSSのFreeRADIUSを使用したいが、管理ウェブUIがなく、操作が煩雑である。

デージーネットが提案した「daloRADIUSを使用したRadiusサーバ」

解決ポイント

daloRADIUSを使用したRADIUS認証システムを構築

FreeRADIUSとdaloRADIUSを利用

FreeRADIUSが出力するRADIUSのユーザログイン・ログアウト情報のログをデータベース(MariaDB)に保存し、daloRADIUSを使用してウェブインタフェースから参照できるようにしました。サーバ上でコマンドライン操作を行うことなく、ログを参照できるようになったため、システム管理者以外の運用担当者が自分でユーザログイン・ログアウト情報を参照できるようになりました。

daloRADIUSを利用したRadiusサーバ

daloRADIUSの日本語メッセージファイルを作成

daloRADIUSは各国の言語毎にメッセージファイルを作成できる仕組みが提供されていました。その仕様にしたがって日本語メッセージファイルを作成することで、ウェブインタフェースを日本語で表示できるようにしました。日本語メッセージファイルは、daloRADIUSのコミュニティに投稿し、採用して頂きました。

FreeRADIUSのアカウント管理にも利用

導入前の要件では、アカウンティングログを参照したいということでしたが、FreeRADIUSのユーザ管理も便利に使用できることがわかり使って頂くことになりました。FreeRADIUSのアカウントはデータベース(MariaDB)で管理されます。

導入後の結果

システム管理部門以外の運用担当者がウェブインタフェースからアカウンティング情報を参照できるようになり、運用サポートの業務が円滑に進められるようになりました。今まではシステム管理部門がアカウンティングログ出力業務を行っていましたが、この作業を運用担当者ができるようになり、システム部門にも満足していただけました。




daloRADIUSを使用したRadiusサーバの関連ページ

認証サーバ構築の事例一覧

様々な事例を集めたモデルプラン(費用例付き)をお送りしています。

代表的な事例を集めた「モデルプラン」をお送りしています。費用の例も記載しておりますので、価格感も知って頂ける資料となっております。
ご希望の方は、下記よりお申し込みください。

モデルプランをご希望の方

各種費用についてのお問い合わせ

コンサルティング費用、設計費用、構築費用、運用費用、保守費用など、各種費用についてのお見積もりは以下のフォームよりお気軽にお問合せ下さい。

unboundやPowerDNSを使用したDNSサーバのモデルプランをご希望の方

daloRADIUSを使用したRadiusサーバの先頭へ