オープンソース

IoTプラットフォームで使われるOSS「IoTデータ解析プラットフォーム」

IoTデータ解析プラットフォームは、収集したIoTデータを加工したり、統計処理するための解析プラットフォームです。データ解析では、データが増加した場合でも柔軟にシステムを拡張できるよう、クラウドコンピューティングの技術を使います。また、最近ではコンテナ型仮想化の技術も使われるようになりました。また、収集したデータの可視化にもオープンソースソフトウェアが活用されています。

IoTプラットフォーム

IoTデータ解析プラットフォーム

OpenStack 〜プライベートなIoTクラウドプラットフォーム〜

OpenStackは、クラウドプラットフォームを実現するためのオープンソースソフトウェアです。仮想マシン、仮想ネットワーク、仮想ストレージの3つの仮想リソースを提供します。パブリッククラウドのプラットフォームとしても利用されますが、プライベートクラウド用にも利用することができます。マルチテナントに対応していますので、部署や用途毎にサーバをグループ化し、リソース制限を実施することもできます。

OpenStackは、SAP社が提唱するIoTプラットフォームとしても利用されるなど、IoTプラットフォームとして注目されています。

OpenStack用語集    OpenStack構築事例

Hadoop 〜スケーラブルな分散コンピューティング〜

Hadoopは、分散コンピューティングを行うためのオープンソースソフトウェアです。Googleが提唱するMapReduceという分散処理技術を実装したソフトウェアです。汎用的なサーバを集め、コンピュータクラスタを構成することができます。単純にサーバを追加することで、処理性能を向上することができます。

Hadoopは、こうして作成したプラットフォームの上で、巨大なデータの取扱いをすることができます。データは、Hadoop Distributed Filesystem(HDFS)の上で管理されます。

Hadoop用語集

Apache Spark 〜高性能な分散コンピューティング〜

Apache Sparkも、分散コンピューティングを行うためのオープンソースソフトウェアです。Hadoopに比べて、データをメモリ上で操作することにより、入出力の高速化を計り、より高速な処理を可能にしています。また、Hadoopに比べて、多種のデータストレージを扱うことができます。HDFSの他、Amazon S3互換のオブジェクトストレージやOpenStack Swift、Cassandraなどもサポートしています。また、機械学習とも相性が良いといわれています。

IoTプラットフォームで使われるOSS

IoTインフラ
ここでは、FreeRADIUSOpenXPKIについて紹介します。
IoTネットワークインフラ
ここでは、NginxHAProxySquidOpenLDAP389 Directory Serverについて紹介します。
IoTデータ収集プラットフォーム
ここでは、CephDRBD-SDSElasticsearchGraylogMongoDBGridDBについて紹介します。
IoTデータ解析プラットフォーム
ここでは、OpenStackHadoopApache Sparkについて紹介します。
IoT機械学習プラットフォーム
ここでは、DockerKubernetesGitLabについて紹介します。
IoTデータの可視化
ここでは、KibanaGrafanaについて紹介します。

IoTプラットフォームで使われるOSS「IoTデータ解析プラットフォーム」の先頭へ