オープンソース

OSSのおすすめ監視サーバ・監視ツール「死活監視」

監視対象がネットワークからアクセスできる状態かを監視します。一般的には、PINGに応答するかという確認をします。ルータやスイッチなどのネットワーク装置の場合には、この方法で十分な場合が多いです。

死活監視ツール

18. fping

死活監視ツール

fpingは、Linux/Unixで利用可能なコマンドラインのユーティリティツールです。ファイル指定した監視対象のホスト名・IPアドレスに対して同時並列的にpingを送り、結果をまとめて報告します。IPv6にも対応しています。
cronなどを使って定期実行し、問題のあるホストだけを通知するようにすれば、非常に簡単に死活監視を行うことができます。

お問合せ

OSSのおすすめ監視サーバ・監視ツール

ネットワーク・サーバ監視ツール
ここでは、ZabbixCactiNagiosIcingamuninHinemosPandora FMSについて紹介します。
ログ管理・監視ツール
ここでは、SyLASGraylogrsyslog
syslog-ngswatchについて紹介します。
サーバの稼働状況の可視化ツール
ここでは、MRTGcollectdについて紹介します。
死活監視ツール
ここでは、fpingについて紹介します。
監視コンソールとアラート管理のツール
ここでは、GrafanaHatoholAlertmanagerについて紹介します。
監視サーバ・ソフトウェアの選定ポイント
ここでは、監視サーバを選定する場合のポイントについて紹介します。
Linuxサーバの監視
ここでは、Linuxサーバの監視を行う場合に利用できるソフトウェアと注意点について紹介します。

OSSのおすすめ監視サーバ・監視ツール「死活監視」の先頭へ