製品情報

サーバー構築のデージーネットTOP > 製品情報 > WhiteDHCP

WhiteDHCP

WhiteDHCPは、ケーブルテレビ事業者用に開発されたシステムです。顧客の契約情報を便利に管理することができます。WhiteDHCPにより、別々だった顧客情報の登録、DHCPサーバへの登録、IPアドレス管理をまとめることができます。

図:WhiteDHCPの概要

導入のメリット

WhiteDHCPは、ソフトバンク社オーダ登録システムを導入しているケーブルテレビ事業者用に開発したシステムです。これまで、顧客管理システム(SMS)、オーダ登録システム、DHCPサーバそれぞれ別々に情報を登録する必要がありました。WhiteDHCPでは、SMSへ登録した情報をシステム間で自動的に連携することができます。そのため、登録や管理の手間や作業ミスのリスクを減らすことができます。

顧客情報を自動連携

SMSに新規登録が行われた場合、WhiteDHCPを通して、オーダ登録システムへ情報を自動入力します。住所・氏名などの契約情報、設置場所情報など、SMSから渡ってくる管理情報を自動的に連携します。そのため、契約情報の二重管理が改善され、顧客情報が一致しないといったことを防ぐことができます。

IPアドレスの払い出し

WhiteDHCPはDHCPサーバとも連携しています。SMSに登録された情報はWhiteDHCPによってDHCPサーバに登録され、WMTAごとにIPアドレスを払い出します。DHCPサーバにログインせず、設定の変更が可能です。そのため、システム管理者が設定する必要がなくなります。

WMTAの情報をDHCPサーバへ自動反映

WMTAを設置するときに登録されたMACアドレスを、DHCPサーバへ自動登録するだけでなく、WMTAの交換時や撤去時にも、DHCPサーバの設定変更や削除を自動反映することができます。

管理ウェブインタフェース

WhiteDHCPには管理用ウェブインタフェースがあります。申し込み情報の表示やIPアドレス管理情報の表示、ソフトバンク社のオーダ登録システムのアカウント追加などが行えます。DHCPサーバと連携しているため、自動でDHCPサーバにも反映されます。そのため、DHCPサーバへログインする必要はなく、簡単な操作で変更ができます。

図:WhiteDHCP管理ウェブインタフェース

WhiteDHCPの詳細

  • WhiteDHCPの機能
  • 管理ウェブ
    インタフェース
  • システム
    構成
  • 稼働条件
  • 導入費用
  • 新規契約時の連携
  • WMTA設置、交換、削除時の自動登録
  • 申し込み情報の表示
  • IPアドレス管理情報の表示
  • エリア別IPアドレスの管理
  • オーダ登録システムのアカウント管理
  • 工事ステータスの取得

WhiteDHCPには管理インタフェースがあります。以下の操作をWEBインタフェースから行えます。

  • IPアドレスプールの検索・追加
  • サーキット識別子の設定
  • エリア別IPアドレスの管理
  • オーダ登録システムのアカウント設定
  • 工事ステータスの取得

稼働条件

Operating System

  • CentOS7
  • RedHat Enterprise Linux 7
ソフトウェア 144万円(サポート含む)

構築、保守や導入支援コンサルティングも別途お受け致します。

このページの先頭へ