システム構築

構築事例:Cockpitを利用したサーバ管理インターフェースの導入

Open Smart Design

今回は、製造業者様にてメールサーバにCockpitを導入した事例です。お客様はメールサーバ管理をコマンドラインインターフェースで行っていたため、操作が簡単なGUIの導入をご要望でした。また、現状のメールサーバに影響が出ないよう、最小限のGUI構成をインストールすることを検討されていました。

お客様が悩まれていた課題
CLI操作に慣れている社員が少なく、気軽にサーバ管理やログ参照ができない
対象がメールサービスのサーバなので、セキュリティ対策が心配
GUIの導入により現状のメールサービスに影響を与える可能性がある
+導入企業プロフィール
導入企業業種

製造業

ユーザー規模

約300名

利用OS

Ubuntu 20.04.4 LTS

導入月

2022年4月

デージーネットが提案した「Cockpitを利用したサーバ管理インターフェースの導入」

アイコン男性

解決ポイント

Linuxを管理するためのWEBインタフェースCockpitの導入

お客様からは、コマンドラインではなく、GUIの導入をご希望でした。通常、システムの管理をGUIで行うためには、X windowシステムを利用し、管理用の専用ソフトウェアを立ち上げる必要がありました。しかし、この方法では以下の懸念点がありました。

  • GUIを動かすために多くのライブラリやソフトウェアのインストールが必要
  • ソフトウェアが多いため、脆弱性への対応が頻繁になる
  • GUIを利用するためにはコンソール・リモートデスクトップ・VNCのどれかを利用する必要があり操作が難しい
  • GUIは、管理用のソフトウェア以外のソフトウェアもあり、管理上あまり好ましくない

上記の懸念点を解決するため、今回は、サーバ管理インターフェースCockpitの導入を提案しました。

Cockpit画面

Cockpitは、Redhat社がスポンサーとなって開発が進められています。Red Hat Enterprise Linux 8(RHEL8)以降から、標準搭載されるようになりました。Cockpitを利用することで、サーバ管理者はサーバのアカウント管理やネットワーク管理などの、重要な管理業務の仕事をWEB UIから行うことができるようになります。またCockpitは、GUIほど余計なソフトウェアやライブラリを要求しないことから導入をおすすめしました。

その他のご要望の代替案を提案

お客様からは、その他にファイアウォールの設定変更やセキュリティソフトのインストールに不安があるとのご要望がありました。そのため、ファイアウォールの設定は、コマンドラインでの操作手順書の納品を提案しました。セキュリティソフトのインストールにおいては、保守にご加入いただき、Q&Aで対応することやインストールで設定変更が必要な場合は、クーポンをご購入いただきスポットで対応することを提案しました。

導入時の工夫

弊社では、導入の際に以下の工夫を行いました。

NetworkManager経由でのネットワーク管理に変更

Cockpitは、Ubuntuの標準で利用されているNetplanだとネットワーク管理ができません。そのため、今回利用のOSにUbuntuを提案していたため、NetplanではなくNetworkManagerによるネットワーク管理に切替をしました。

Cockpitの機能の確認

Cockpitは、Linuxのシステム管理のOSSですが、利用できる機能が多くあります。今回お客様のご要望以外にも、WebUIからのログ参照や、ネットワークの状態の参照、ストレージの状態参照も機能として存在するため、それらの機能が利用できることを導入時に確認しました。

導入後の結果

アイコン女性

Cockpitの導入により、サーバ管理におけるグラフィカルな画面での操作や、コマンド操作で確認していた部分のWebUIでの参照が可能となりました。また、CockpitではGUIほど余計なソフトウェアやライブラリのインストールが必要ないため、脆弱性およびサーバリソースの消費も抑えることができました。システム管理者のアカウントでログインをすることで、CPUやメモリの使用状況、ログの確認ができるようになりました。

【Webセミナー】コンテナ技術基礎と導入のメリット(Docker/Kubernetes)

日程: 8月26日(金)Webセミナー「BigBlueButton」を使用します。
内容: IoTプラットフォームや機械学習基盤として注目されている「コンテナ技術」について基礎から解説します。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

Cockpitを利用したサーバ管理インターフェースの導入の関連ページ

メールシステムの構築の事例一覧

デージーネットの構築サービスの流れ

デージーネットの構築サービス(Open Smart Design)では、OSSを安心して使っていただくために、独自の導入ステップを採用しています。詳しい情報は以下のリンクからご覧ください。


詳細情報ボタン

サービスの流れイメージ

様々な事例を集めたモデルプラン(費用例付き)をお送りしています。

代表的な事例を集めた「モデルプラン」をお送りしています。費用の例も記載しておりますので、価格感も知って頂ける資料となっております。
ご希望の方は、下記よりお申し込みください。


モデルプランをご希望の方

モデルプラン資料イメージ

各種費用についてのお問い合わせ

コンサルティング費用、設計費用、構築費用、運用費用、保守費用など、各種費用についてのお見積もりは以下のフォームよりお気軽にお問合せ下さい。


unboundやPowerDNSを使用したDNSサーバのモデルプランをご希望の方

全国対応イメージ

Cockpitを利用したサーバ管理インターフェースの導入の先頭へ