もっと上手く管理したい3/3

もっと上手く管理したい(3/3)

もっと上手く管理したいの情報ページです。

3/3ページ

OpenXPKIを日本語化 認証局の構築サービスを開始しました。 | OSSのデージーネット
OpenXPKIは、SSL証明書の管理を行う認証局として動作するOSSです。主にプライベート証明書を発行するのに利用されます。

Kea DHCP serverのWebインタフェース KeaKeeperをリリース!オープンソースとして無償公開 | OSSのデージーネット
Kea DHCP serverのWebインタフェース「KeaKeeper」をオープンソースソフトウェアとして公開しました。KeaKeeperを利用することで、次世代DHCPサーバのKea DHCP serverをWebを使って管理できるようになります。

PowerDNSとIP資産管理ツールを連携し、ネットワーク管理効率化 | OSSのデージーネット
PowerDNSの商用サポートにIPアドレスの管理ツールを追加します。PowerDNSとIPアドレスの管理ソフトウェアphpIPAMを連携させることで、空いているIPアドレスが視覚的に分かり、そのままDNSへの登録も行うことができます。

オープンソースの統合ログ管理ツール Graylogの日本語マニュアルを無償公開〜IoT時代のセキュリティログ管理〜 | OSSのデージーネット
Graylogは、各種デバイスやソフトウェアから出力される、大量かつ多種多様なログやデータを集中管理し高速な検索やグラフ化をすることができるオープンソースソフトウェアです。

IPアドレス管理のオープンソースを日本語化 PowerDNSと連携し商用サポートとして提供 ネットワーク管理の効率化を実現 | OSSのデージーネット
デージーネット、IPアドレス管理のオープンソースを日本語化 PowerDNSと連携し商用サポートとして提供 ネットワーク管理の効率化を実現

デージーネット、KubernetesのストレージとしてDRBD SDSを連携 拡張性の高いAI・IoT基盤の構築サービスを開始 | OSSのデージーネット
株式会社デージーネットは、KubernetesのストレージとしてDRBD SDSを連携した、拡張性の高いAI・IoT基盤の構築サービスを2019年1月より開始します。

無料で使えるソフトウェアOpenXPKIを使って認証局を運用 認証局操作マニュアルを2020年3月26日無償公開開始 | OSSのデージーネット
オープンソースソフトウェア※1(以下、OSS)に特化したIT企業である株式会社デージーネット(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:恒川 裕康)は、OSSでプライベート認証局を運用するためのマニュアルを2020年3月26日よりホームページにて公開します。

OpenStackを利用したプライベートクラウド導入支援 | OSSのデージーネット
物理サーバやKVM上の仮想サーバで提供しているサービスについて、今後、新しく提供するサービスをOpenStackのプライベートクラウド上に仮想マシンを作っていきたいというご要望をいただきました。

Elasticsearchの性能改善 | OSSのデージーネット
自社のサービス用システム用に開発したソフトウェアのログをElasticsearchで管理しているが、思ったように検索ができないということで相談を受けました。デージーネットで原因を探り、検証結果に基づいて使い方についてのアドバイスをさせていただきました。

postfixを利用したメールサーバ改善支援 | OSSのデージーネット
自社で構築をしたメールサーバ(postfix)があり、そのサーバから大量のメール配信をしているがメールの送信流量(1分あたりのメール送信数)に制限を設けて、送信先のメールサーバに負担をかけずに送りたいというご要望がありました。

「もっと上手く管理したい」の先頭へ