よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > よくある質問・用語集 > 用語集 > IoT(3/3)

IoT(3/3)

IoTの情報ページです。

3/3ページ

ビッグデータとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
ビッグデータとは、巨大で複雑なデータを指す。データの種類は何でも構わない。そうしたデータは企業戦略や国家戦略を考える上で非常に重要だと考えられていて、注目を集めている分野である。

IoTとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
IoTとは、Internet of Thingsの略称で、「物のインターネット」とも言われている。2000年代の前半に、ユビキタスネットワークという言葉がよく使われていた。ユビキタスネットワークとは、「いつでも、どこでも、何でも、誰でも」ネットワークにつながることである。

IFTTTとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
IFTTTとは、インターネット上の様々なサービスを連携するためのWebサービスである。IFTTTは、IF This Then That.の略で、「イフト」と読む。ThisがトリガーをThatがアクションを表す。つまり、特定のトリガー(This)があったときに、指定したアクション(That)を行うサービスである。

インダストリー4.0とは | OSSでのシステム構築・デージーネット
インダストリー4.0とは、ドイツ政府が主導して官民一体となって進めている工業のデジタル化を目指す国家プロジェクトです。日本では、「第4次産業革命」といわれる場合があります。このプロジェクトでは、生産工程のデジタル化・自動化・バーチャル化のレベルを現在よりも大幅に高めることによる、コストの極小化を目指しています。

Minioとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
Minioとは、オブジェクトストレージを構成するためのソフトウェアです。minio.ioによって開発され、Apache 2.0ライセンスで公開されています。Minioは、1台から実行可能なオブジェクトストレージです。1台から起動することが可能なため、容易に利用することができます。

オブジェクトストレージとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
オブジェクトストレージとは、データをファイルではなく、オブジェクトという単位で保存するストレージです。データの保存方法、データへのアクセス方法などに特徴があります。オブジェクトストレージはフラットな階層に保存されます。階層構造がなく、また属性値による検索が可能なため、ファイルストレージと比較して、データを探しやすいという特徴があります。

機械学習基盤とは | OSSでのシステム構築・デージーネット
機械学習基盤とは、機械学習を行うために必要な様々なリソースを用意し、迅速に機械学習のモデリングや実験を行えるようにするための設備です。機械学習によるシステム開発を円滑に行うためにはコンテナを利用することが多く、機械学習基盤としてコンテナ型仮想化の技術が使われています。

IoTプラットフォームとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
IoTプラットフォームとは、IoTに必要な機能を提供するための基盤(プラットフォーム)の総称です。IoTでは、様々な「もの」がネットワークに接続されます。IoTプラットフォームには、「もの」からデータを収集する設備に始まり、利用者がその情報を使って何かのアクションや意思決定をするための設備まで、非常に幅広い範囲が含まれています。

IoTに関する情報・用語まとめ先頭へ