よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > OpenSUSEとは

  • もっと調べる

OpenSUSEとは

OpenSUSEとは、コミュニティベースで無償公開され、最新技術の採用に積極的なLinuxディストリビューションである。ノベルがスポンサーを務め、コミュニティが開発を行っている。 元々はSUSEが開発するSUSE Linuxであったが、2003年のノベルによるSUSE買収後、ノベルは100%オープンソースを目指すディストリビューションとして、開発体制をOpenSUSEプロジェクトによるコミュニティベースに移行し、SUSE Linuxから現名称に変更した。

一般的なデスクトップ用途向けのソフトウェアでは、ウェブブラウジング用のソフトとしてFirefox、マルチメディア再生用のソフトとして、GNOME環境ではBanshee、KDE環境ではAmarok、Kaffeineが標準で用意されている。オフィス用途向けには、LibreOfficeオフィススイートが用意されており、一般的な形式の文章やスプレッドシートなどの編集ができる。設定ツールとしては、YaST、YaST2を搭載しており、ソフトウェア管理のインタフェースを提供し、ネットワークやユーザ、セキュリティなどに関する様々な設定も行うことができる。

OpenSUSEの大きな特徴は、様々なデスクトップ環境をサポートしていることであり、デフォルトではKDE4がインストールされるが、GNOME、XFCE、LXDEも利用できる。GUIが強力であり、豊富なドキュメントも備えているため、デスクトップの環境として使うのに適している。また、アップデートの頻度が高く、最新の技術をどんどん導入する傾向にあり、上級者向けである。

【カテゴリ】:Linux関連技術  オープンソースソフトウェア  

  • もっと調べる

関連用語

OpenSUSEに関連するページ(事例など)


デージーネット用語集のページです。「OpenSUSE」という用語と関連情報について説明します。「OpenSUSE」について情報を収集する際、サービスをご検討いただく際などに用語集ページをお役立てください。

OpenSUSEとは先頭へ