よくある質問・用語集

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

SNMPとは

SNMPとは、ルータ、スイッチ、サーバ等のネットワークに接続された機器の監視・制御を行うためのプロトコルである。Simple Network Management Protocolの略称でRFC1157で定義されている。

SNMPは、SNMPマネージャとSNMPエージェントで構成される。

SNMPマネージャは、SNMPエージェントから情報を取得して表示したり、警告を送信したりするためのソフトウェアである。オープンソースソフトウェアでは、Zabbix、Cacti、MRTG等がある。

SNMPエージェントは、ネットワーク機器の情報をSNMPマネージャに送信するためのソフトウェアである。SNMPに対応したルータやスイッチ等のネットワーク機器では、ファームウェアにSNMPエージェントが実装されており、ネットワークポートの送受信パケット数、エラーパケット数、リンク状態、また、ネットワーク機器のCPU使用率、メモリ使用率等の情報を取得することができる。UNIX/LinuxやWindows等のOSでもSNMPエージェントが実装されており、サーバのCPU使用率、メモリ使用率、指定したプロセスの有無、ネットワークインタフェースのパケット数、エラーパケット数等の情報を取得することができる。UNIX/Linuxでは、オープンソースソフトウェアのNetSNMPがよく利用されている。

SNMPによる監視では以下の方法が用いられる。

  • SNMPポーリング
    SNMPマネージャからSNMPエージェントに対して定期的に情報を取得する。
  • SNMPトラップ
    SNMPエージェントが必要な時にSNMPマネージャに対して送信する。例えば、ネットワークポートがリンクダウンしたときにSNMPトラップを送信して、即座にSNMPマネージャに通知をすることができる。

市販されている多くのネットワーク機器やLinuxディストリビューションがSNMPに対応しているため、SNMPはネットワーク機器監視には必須のプロトコルとなっている。

【カテゴリ】:プロトコル  システム監視  

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

【Webセミナー】CentOS8 サポート終了に伴う今後の考え方

日程: 1月22日(金)Webセミナー「BigBlueButton」を使用します。
内容: CentOS8のサポートが2021年に終了すると発表されました。CentOS8を利用していたユーザは今後、どのようにしていくとよいのかわかりやすく解説します!
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

関連用語

SNMPに関連するページ(事例など)

SNMPとは先頭へ