よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > SpamGuardとは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

SpamGuardとは

SpamGuardとは、インターネットサービスプロバイダ用のスパムメール対策用ソフトウェアである。これまでのスパム対策ソフトでは、メールの本文の内容によってメールを捨てる仕組みであったり、特定のサイトからのメールを一切受け取らなくする仕組みだったため、プロバイダ環境での利用は困難だった。SpamGuardは、メール送信元ごとにメールの流量を制限することで、スパムメールを緩やかに受け取るように制御し、メールサーバを保護する。

スパム配信サイトやウイルスの多くが、スパムメールを機械的に送信するため、一般的に、メールサーバが受け取れなかったメールは再送されることがない。このような特性から、SpamGuardを導入し、大量送信されたメールを緩やかに受け取るようにすることによって、スパムメールを除去する効果がある。実際に、SpamGuardを導入したISPでの実証実験の結果、スパムメールを約80%減少させる効果があることが分かっている。

【カテゴリ】:セキュリティ  メール関連技術  デージーネット  

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

【WEBセミナー】生産性向上!テレワークの課題を解決するジョブ管理ツール活用セミナー

日程: 9月24日(木)Webセミナー「BigBlueButton」を使用します。
内容: ご好評のテレワーク導入セミナー第3弾!ここでは、コロナ禍で当たり前になりつつあるテレワークで、生産性向上のためのツールや弊社取り組みをご紹介します。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

関連用語

SpamGuardに関連するページ(事例など)

SpamGuardとは先頭へ