オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > 一押しOSS > 注目のDNSサーバPowerDNS > PowerDNSのよくある質問

PowerDNSのよくある質問

PowerDNSの導入検討時にお客様からよくいただくご質問にお答えします。
なお、デージーネットでは、PowerDNSを活用したシステム構築や商用サポート、コンサルティングを行っています。

PowerDNSのよくある質問

QPowerDNSとはどのようなソフトウェアですか?
A

PowerDNSとは、オランダのPowerDNS.COM BVが開発を行った、オープンソースソフトウェアのDNSサーバです。OSSですが、日本国内ではデージーネットが商用サポートを行っています。LDAP、MySQL、PostgreSQL、Oracle、BINDのゾーンファイルなど、様々なバックエンドを使用できます。バックエンドにMySQLやPostgreSQL等のRDBを利用する場合、Poweradmin等の管理ウェブインタフェースを利用することができ、管理面で優れています。

Q現在のDNSサーバからの移行はできますか?
A

はい。可能です。現在お使いのDNSサーバがBINDの場合、PowerDNSにはBINDからの移行を行うためのツールが付属しています。例えば、次のようにzone2sqlコマンドを使うことで、BINDで利用していたゾーンファイルをMySQLに登録することができます。

$ zone2sql --gmysql --zone-name=example.com --zone=example.com.zone | \
mysql -u pdns -p pdns

1 domains were fully parsed, containing 10 records

また、BINDで使っていたDNSSECの情報も引き継ぐことができます。

# pdnssec import-zone-key ZONE  zsk ← ZSKのインポート
# pdnssec import-zone-key ZONE  ksk ← KSKのインポート
# pdnssec show-zone ZONE ← 新しいkeyIDの確認
(snip)
ID = 5 (ZSK), tag = 33753, algo = 8, bits = 1024 Active: 1 ( RSASHA256 )
# pdnssec activate-zone-key ZONE 5 ← 新しいKeyIDの確認

QPowerDNSのデメリットはどんな点ですか?
A

PowerDNSにはviewという機能がありません。viewは、クライアントに応じて応答を変える機能です。一つのDNSサーバで公開DNSサーバと社内DNSサーバの二つの役目を担わせる場合等に使います。
ですが、最近は仮想サーバが頻繁に使われるため、viewを使ってDNSの応答を制御しなくても、別のDNSサーバを構築することで対処が可能です。

QPowerDNSの稼働状況を把握したいのですが可能ですか?
A

はい。可能です。PowerDNSでは、collectdを利用することで稼働状況をグラフ化することができます。DNSのクエリ数、回答数などを次のようなGUIで確認できます。以下、実際の画面例です。

PowerDNSの稼働状況

QDNSサーバの統計情報を参照する方法はありますか?
A

はい。PowerDNSでは統計情報をWEBインタフェースから参照することができます。以下、実際の画面例です。   

PowerDNS統計情報の参照1

PowerDNS統計情報の参照2

PowerDNSについてさらに詳しい情報をお求めの方は、お気軽に「お問い合わせ」下さい。

一押しOSS情報「PowerDNS」

注目のDNSサーバ PowerDNS
PowerDNSの特徴、脆弱性の数、パフォーマンスについてご紹介します。
PowerDNSの管理WEBインタフェースPoweradmin
Poweradminの画面例をご紹介します。
BIND v.s. PowerDNS
特徴・機能・性能の比較
PowerDNSと、現在広く利用されているBINDの比較第一弾をご紹介します。PowerDNSとBINDの特徴・機能・性能を比較しました。
BIND v.s. PowerDNS
管理性の比較
PowerDNSと、現在広く利用されているBINDの比較第二弾をご紹介します。ここでは、PowerDNSとBINDの管理性を比較しました。
PowerDNSの構成例
PowerDNSを使用したDNSサーバの構成例をいくつか紹介します。
PowerDNSのよくある質問
PowerDNSの導入検討時にお客様からよくいただくご質問にお答えします。
PowerDNSサポート
デージーネットでは、システム構築やシステム全体の保守、コンサルティングの実績をいかした商用サポートを行っています。
PowerDNS更新情報
このページでは、PowerDNSのアップデート情報を紹介します。

PowerDNSによるDNSサーバ事例

BINDに替わる権威DNSサーバとして注目されているPowerDNSを使用して、DNSサーバのセキュリティとスピードの向上を図りました。また、PowerDNSの管理ツールであるPowerAdminと合わせて利用することで、管理性も向上することができました。

PowerDNSによるDNSSEC対応の権威DNSサーバ事例

権威DNSサーバをBINDで構築し、DNSSEC対応をしているが管理が煩雑だということでご相談を頂きました。PowerDNSとPowerAdminを利用することで、DNSSECの運用が簡単に行えるようになりました。

無料資料ダウンロード「PowerDNS+Poweradmin」

BINDに代わって注目されているDNSサーバのPowerDNSと管理ソフトウェアの説明資料です。

無料資料ダウンロード「NSD,KnotDNS,PowerDNSベンチマーク報告書」

デージーネットOSS研究室が、BINDに代わって使われるようになった、NSD、KnotDNS、PowerDNSなどの権威DNSサーバの性能評価を行った報告資料です

PowerDNSのよくある質問の先頭へ