オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > 一押しOSS > BINDに替わるDNSサーバ〜PowerDNS〜 > PowerDNSバージョンアップ情報

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > DNSサーバ > BINDに替わるDNSサーバ〜PowerDNS〜 > PowerDNSバージョンアップ情報

PowerDNSバージョンアップ情報

PowerDNS商用サポートでは、PowerDNSのバージョンアップ情報を提供しています。ここでは、デージーネットのPowerDNS商用サポートでお送りする「バージョンアップのお知らせ」のサンプルをご紹介します。

PowerDNSバージョンアップのお知らせ(サンプル)

PowerDNSは、脆弱性が少なく安定したDNSサーバのオープンソースソフトウェアです。広く利用されているBINDと比較すると、セキュリティアドバイザリの数は、約10分の1というデータがあります。しかし、ソフトウェアには脆弱性はつきものです。そのため、システムのセキュリティを守るためには、日々、情報をチェックしておく必要があります。

ソフトウェアのバージョンアップは、セキュリティアドバイザリだけでなく、機能追加やバグ修正に関するものもあります。PowerDNSをより便利で効率的に安心して利用いただくため、こうしたバージョンアップ情報を提供しています。以下のような形式で、PowerDNSのバージョンアップ情報をお知らせします。

--------------------------------------------------------------------
○○株式会社 ●● 様

いつもお世話になっております。
株式会社デージーネットでございます。

平素よりデージーネットPowerDNS商用サポートをご利用頂きありがとうございます。

PowerDNS 4.1.2 が公式サイトよりリリースされました。
これに伴い、デージーネットのYUMリポジトリでも4.1.2版のパッケージを利用できるようになりました。
よろしければご利用ください。

[変更履歴]
◇RELEASE 4.1.2
-改善-
・API: dnssec関連アップデート後のシリアル番号を上げる修正
・Dnsreplay: 外部送信バッファーが小さすぎた問題の救済措置
・「packet too short」というエラーのログレベルを下方修正
・zoneの記載が正しくない行がある場合に、check-zone のエラー処理を作成
・axfr中の新しいバックエンド接続のisane量を避ける修正
・stoul invalid_argument例外で解析できないデータを報告する修正
・axfrが終了したらシリアルを再確認する修正
・エイリアスのためのtcpサポートを追加する修正

-バグフィックス-
・postgresqlに再接続した後に新しい文を割り当てる修正
・bindbackend:ismaster()のipsを比較するだけに修正(Kees Monshouwer)
・クラッシュする代わりに、ファイル名/行番号を報告させる修正
・文書に記載されていない設定パラメータを記載
・dnsupdateを使用してcname +その他のデータを保護する修正

(引用元)
https://blog.powerdns.com/2018/05/08/authoritative-server-4-1-2-released/

[アップデート方法]
弊社のYumリポジトリをご利用の場合、以下の手順でアップデートできます。

手順 1) まず、以下のコマンドで、現在インストールしているバックエンドのソフトウェア名を
ご確認ください。

# rpm -qa | grep pdns-backend
《PDNSバックエンドのソフトウェア名》

手順 2) 次に、下記のコマンドでアップデートを行います

# yum install pdns pdns-backend-XXXXX
※なお、「XXXXX」の部分は、手順 1) で確認したソフトウェア名に応じて異なります。

以上です。
よろしくお願いいたします。
--------------------------------------------------------------------

PowerDNS商用サポートでは、次のサービスを提供します。

  • バイナリパッケージの提供
  • インストレーションサポート
  • インシデントサポート
  • 不具合の調査

PowerDNS導入の検討資料を無料でダウンロードいただけます。

PowerDNS検討資料

PowerDNS検討用資料ダウンロードへ

DNSの仕組みと重要性、オープンソースのPowerDNSとUnboundを組み合わせた構成についてまとめた資料です。PowerDNSについて情報を収集する際、サービスをご検討いただく際などにお役立てください。

デモのお申込み

もっと使い方が知りたい方へ
PowerDNSの操作方法や操作性をデモにてご確認いただけます。使い方のイメージを把握したい、使えるか判断したい場合にご活用下さい。PowerDNSのデモをご希望の方は、下記よりお申込みいただけます。


デモをご希望の方


一押しOSS情報「PowerDNS」

BINDに替わるDNSサーバ
〜PowerDNS〜
PowerDNSの特徴、脆弱性の数、パフォーマンスについてご紹介します。
PowerDNSの管理WEBインタフェースPoweradmin
Poweradminの画面例をご紹介します。
BIND v.s. PowerDNS
特徴・機能・性能の比較
PowerDNSと、現在広く利用されているBINDの比較第一弾をご紹介します。PowerDNSとBINDの特徴・機能・性能を比較しました。
BIND v.s. PowerDNS
サーバの管理性
PowerDNSと、現在広く利用されているBINDの比較第二弾をご紹介します。ここでは、PowerDNSとBINDの管理性を比較しました。
PowerDNSの構成例
PowerDNSを使用したDNSサーバの構成例をいくつか紹介します。
PowerDNSのよくある質問
PowerDNSの導入検討時にお客様からよくいただくご質問にお答えします。
PowerDNSバージョンアップ情報
このページでは、PowerDNSのバージョンアップ情報を紹介します。

PowerDNSによるDNSサーバ事例

BINDに替わる権威DNSサーバとして注目されているPowerDNSを使用して、DNSサーバのセキュリティとスピードの向上を図りました。また、PowerDNSの管理ツールであるPowerAdminと合わせて利用することで、管理性も向上することができました。

PowerDNSによるDNSSEC対応の権威DNSサーバ事例

権威DNSサーバをBINDで構築し、DNSSEC対応をしているが管理が煩雑だということでご相談を頂きました。PowerDNSとPowerAdminを利用することで、DNSSECの運用が簡単に行えるようになりました。

無料資料ダウンロード「PowerDNS+Poweradmin」

BINDに代わって注目されているDNSサーバのPowerDNSと管理ソフトウェアの説明資料です。

無料資料ダウンロード「NSD,KnotDNS,PowerDNSベンチマーク報告書」

デージーネットOSS研究室が、BINDに代わって使われるようになった、NSD、KnotDNS、PowerDNSなどの権威DNSサーバの性能評価を行った報告資料です

無料資料ダウンロード「PowerDNSとその周辺OSSのご紹介 ~BINDはもういらない~」

2017年8月4日に OSC 2017 Kyotoで行ったセミナーの資料です。セミナーでは、セキュアで便利な権威DNSサーバ PowerDNSと、広く利用されているBINDの比較を行いました。

OSSのおすすめDNSサーバ構築比較8選

DNSは、インターネットの名前解決を行うためには、欠かせない機能です。インターネットの初期からある仕組みですが、キャッシュポイズニングやDOSなどの攻撃にさらされることが多くなり、近年も様々な改良が加えられています。

PowerDNSバージョンアップ情報の先頭へ