オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > 一押しOSS > OSSの高機能WEBメール Roundcube

OSSの高機能WEBメール Roundcube

このページでは、Roundcubeの特徴と導入の課題、それに対してデージーネットの提案する回避策をご紹介します。
デージーネットでは、Roundcubeの商用サポートやコンサルティング、システムの構築を行なっています。
ご要望に合わせてRoundcubeをカスタマイズしたり、プラグインを活用したりしお客様にとって最適なwebメールシステムをご提案します。

Roundcubeとは

Roundcubeは、オープンソースソフトウェアWebメールソフトです。Ajax技術を利用して一般的なメールソフトウェアと同等の機能を持っています。ドラック&ドロップでのメール管理、アドレス帳、フォルダ操作だけでなく、メッセージフィルタなどにも対応しています。多くのスキンやプラグインが公開されていて、用途に応じて拡張することができます。

Roundcubeの特徴

Roundcubeには、様々な特徴があります。ここでは、Roundcubeの主な特徴と画面イメージを紹介します。
(+をクリックして詳細をご覧ください。)

多言語対応

Roundcubeは、70以上の言語に対応しています。もちろん、日本語にも対応しています。ただし、標準のRoundcubeでは、日本語の利用には課題もあります。そのため、デージーネットがシステム構築を行う場合には、独自の日本語環境向けの強化を行っています。日本語の課題については、「Roundcube導入の課題」を参照して下さい。
なお、利用する言語は、設定画面から変更することができます。

Roundcube言語選択

フォルダの管理

Roundcubeでは、メールをフォルダに分けて管理することができます。

Roundcubeフォルダの管理

フォルダは、ユーザが自分で作成することができます。

Roundcubeフォルダの作成

フォルダへのメールの移動は、ドラック&ドロップで簡単に行うことができます。

Roundcubeフォルダへのメール移動

HTMLメールやMIMEのサポート

HTMLメールを表示したり、送信したりすることができます。また、MIMEをサポートしていますので、添付ファイルを扱うことも可能です。画面イメージは、添付ファイル付きのHTMLメールの作成画面です。

RoundcubeでのHTMLメールやMIMEのサポート

複数アドレスの使い分け

複数のアドレスを持っている場合には、メールを送信するときに送信者アドレスを選択することができます。

Roundcubeの送信者アドレスを選択

また、ここで利用できる送信者アドレスは、設定画面で追加することができます。

Roundcube設定画面で追加

スレッド表示

メールは、スレッド形式で表示することができます。

Roundcubeスレッド表示

アドレス帳のサポート

メールの送信者は、アドレス帳から選択することができます。アドレス帳は、LDAPやActiveDirectoryと連携することもできますし、自分で設定を追加することもできます。

Roundcubeアドレス帳のサポート

メールの表示項目のカスタマイズとソート

メール一覧で表示する項目を設定することができます。また、どのような順序で表示するのかも設定できます。

Roundcubeのメールの表示項目カスタマイズとソート

メールの検索

メール一覧の表示の上には、メールを検索するための検索窓が用意されています。ここから、メールを検索することができます。

Roundcubeメールの検索

個人設定

メールの表示方法やアドレス帳などの設定は、個人ごとに行うことができます。

Roundcubeでのメール個人設定

Roundcubeの応用機能

Roundcubeには、基本的な機能だけでなく、機能を拡張するインタフェースが備わっています。ここでは、拡張機能について説明します。

Roundcubeのプラグインとスキン

Roundcubeには、主に画面の見た目を変更するスキンと、機能を拡張するプラグインという二つの拡張方法が用意されています。プラグインとしては、単純な機能を追加するものもあれば、カレンダー機能のような大きな機能拡張まで、様々なモジュールが公開されています。

このような機能があることで、私たちは安全に機能を拡張することができます。もしソースコードを変更して機能を拡張すると、Roundcubeのバージョンアップ時に追随するのには、非常にコストが掛かります。該当部分のコードが書き換えらてしまったりすると、同じ変更で正しく動作することは保証されないからです。そのため、簡単にはバージョンアップできなくなってしまう場合もあります。

しかし、プラグインやスキンのマナーに従って開発をすれば、このような問題は発生しません。ソフトウェアがバージョンアップしたとしても、そのまま機能を使い続けられる可能性が高いのです。

スマホ用スキン

Roundcubeをスマートフォンから使うためのスキンです。有償ですが、それほど高価ではありません。スマートフォンからの利用を想定している場合には、お勧めのプラグインです。

Roundcubeのプラグイン

Roundcube導入の課題

Roundcubeは、非常に安定したソフトウェアです。ただ、いくつかの課題があることが分かっています。ここでは、それらの課題について解説します。
なお、これらの課題は、デージーネットでは回避策を用意しています。それについては、「デージーネットの取り組み」を参照して下さい。

日本語環境への対応(文字化け対策)

Roundcubeは日本語に対応しています。そのため、一般的に言えば日本語を取り扱うことができます。しかしながら、日本語の処理には歴史的な経緯から、他の言語よりも複雑な処理が必要です。それに完全に対応している訳ではありません。

例えば、日本では、MIMEが使われるようになる以前から日本語メールを使うことができました。この頃は、文字コードを特に指定せず、メール本文はISO2022-JPでエンコードするのが普通でした。しかし、このような古い形式のメールはRoundcubeでは対応していません。

また、RoundcubeはUTF-8で日本語を処理します。そのため、SJISで受け取ったメールに返信をすると、文字コードの変換に失敗して文字化けしてしまうケースもあります。

日本語環境への対応(アドレス帳)

アドレス帳で日本語を使うことはできます。しかし、アドレス帳の氏名の並びなどの調整が行われません。

IMAPサーバとの親和性

dovecotcourier-imapなど、OSSの普及度の高いIMAPサーバとの親和性には問題がありません。しかし、他の商用のIMAPサーバとの相互接続性は検証されている訳ではありません。中には、機能不足で正しく動作しないソフトウェアがあることが分かっています。

Roundcubeには、こうした機能不足のIMAPサーバに対応するための回避コードが用意されています。しかし、利用されることが少ないため、必ずしも適切に動作しない場合があります。

Roundcubeのサポート

RoundcubeはOSSですので、開発元企業のサポートを受けることはできません。しかし、コミュニティは活発に活動していますので、問題があった場合には、メーリングリストなどを通じて、コミュニティに相談することができます。

デージーネットでは、構築したシステムの導入後の支援を行っています。デージーネットで構築したRoundcubeのサーバについては、このサポートのメニューを利用することができます。

また、Roundcubeに特化した商用サポートも行っています。こちらはデージーネットで構築したRoundcubeのサーバに限らず、サポートを利用することができます。Roundcubeの商用サポートでは、デージーネットで日本語対応を強化したRoundcubeのパッケージや、日本語マニュアルを提供しています。

デージーネットの取り組み

ここでは、これまでデージーネットでのRoundcubeの取り組みについて解説します。

デージーネット独自のパッチとカスタマイズ

デージーネットでは、Roundcubeを提案するときに次の2つの対策を行った独自の日本語強化版をお勧めしています。

  • 日本語文字化け対策
  • アドレス帳の日本向けカスタマイズ

日本語の文字化け対策は、過去にはコミュニティにパッチなどが提供されていました。しかし、その変更がコミットされることはありませんでした。デージーネットは、最新のバージョンに対して、いくつかの文字化け対策を行った日本語強化版を標準として利用しています。
これらの対応は、残念ながらプラグインで行うことはできません。そのため、ソースコードのカスタマイズを行っています。次のような機能を盛り込んでいます。

  • 送信時の文字コード指定
  • 機種依存文字への対応
  • 自動文字コード変換(Windowsで使われるCP932文字コードへの対応)
  • 返信メール時の文字コードの引継ぎ

IMAPサーバ向けカスタマイズ

デージーネットでは、製品との親和性の問題でRoundcubeが正しく動作しない現象に対してもサポートを提供することができます。ログなどを元に、プロトコルレベルで原因を調査します。原因のほとんどは、IMAPサーバ側が適切なプロトコルを使っていないため、つまりIMAPサーバ側のバグに起因しています。
しかし、このような場合にIMAPサーバのバグを改修することは、なかなか難しいのが実情です。そのため、Roundcubeの回避コードを強制的に通るように変更したり、新たなコードを付け加えて動作するように変更した実績があります。

LDAPやActiveDirectoryによるアカウント管理

既存のLDAPやActiveDirectoryと連携すると、アドレス帳を非常に便利に使えるようになります。特に、大きな組織内では、相手のメールアドレスを検索できることは非常に重要なことです。
デージーネットは、書籍を出版するなどLDAPの専門家でもあります。そうした経験を生かして、LDAPやAcrtiveDirectoryとの連携についてもサポートしています。

サービス向けカスタマイズ

デージーネットでは、ISPやSaaS事業者がRoundcubeを利用するお手伝いをしています。サービスに導入するためには、不必要な機能を停止したり、画面のデザインを変えたりする必要もあります。
デージーネットでは、次のようなカスタマイズの実績があります。

  • 誤送信防止機能の導入(送信前に確認する画面を表示)
  • モバイル端末への受信通知
  • ユーザのメール転送設定
  • ユーザの不在通知設定
  • ユーザのパスワード変更

プラグインの開発

デージーネットでは、Roundcubeのプラグインの開発を行っています。次のような、プラグインの開発実績があります。

  • パスワードの期限切れチェック
  • 返信時の定型句の挿入(日本語環境向け)
  • 返信時の引用符の変更(自由に変更ができるように)
  • メールフィルタリングルールの設定(既存プラグインへの機能追加)
  • メールデータのエクスポートの禁止(既存プラグインへの機能追加)

一押しOSS情報 「Roundcube」

OSSの高機能webメール Roundcube
このページでは、Roundcubeの特徴と導入の課題、それに対してデージーネットの提案する回避策をご紹介します。
Roundcubeについてのよくある質問
このページでは、Roundcubeに関するサポートを提供する中で、お客様からよくいただくご質問にお答えしていきます。
Roundcubeのインストール
このページでは、デージーネットのRoundcubeサポートサービスで利用できる、レポジトリを使ったインストール方法をご紹介します。
Roundcube商用サポート
デージーネットでは、システム構築やシステム全体の保守、コンサルティングの実績をいかした商用サポートを行っています。
Google Authenticatorによるワンタイムパスワードの利用
このページでは、Google Authenticatorによるワンタイムパスワードの利用方法を紹介します。
Roundcubeのプラグイン
このページでは、Roundcubeをさらに安全に、便利に使用することを可能にする様々なプラグインについて紹介します。
Roundcube更新情報
このページでは、Roundcubeのアップデート情報を紹介します。

RoundcubeによるWebmailサーバ事例

オープンソースソフトウェアのRoundcubeにプラグインとカスタマイズを組み合わせて、Webmailシステムを構成しました。ISPとインターネット契約を結んでいるユーザが安全で便利に利用できるWebmailシステムです。

RoundcubeによるWebmailサーバ事例(大学様向け)

学生がメールシステムを利用するために、Roundcubeを導入したいとご連絡をいただき、弊社でシステムを構築させていただきました。できるだけ停止しないようにしたいということで、HAクラスタの構成としました。既存システムとログイン情報を共有してシングルサインオンを実現したいというご要望でした。

選ばれている理由(企業、大学様へ)

デージーネットでは、ISPの構築などで培った大規模システムの構築技術やセキュリティ技術を活かして、企業、大学様などのシステム構築を実施しています。オープンソースソフトウェアを活用し、製品と組み合わせて利用するため、費用対効果の高いシステムを作ることができます。

OSSの高機能WEBメール Roundcubeの先頭へ