よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > よくある質問・用語集 > 用語集 > セキュリティ(6/7)

セキュリティ(6/7)

セキュリティの情報ページです。

6/7ページ

OSSECとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
オープンソースソフトウェアのホスト型IDS(Intrusion Detection System)。ログ解析と整合性チェック、Windowsレジストリの監視、ルートキットの検出、リアルタイム警告、アクティブレスポンスの機能を有する。OSSECを利用すると、ファイル改ざんや異常なログを素早く検知することができる。

Google Authenticatorとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
Google Authenticator(https://www.google.com/landing/2step/)は、Googleが開発した認証の仕組みです。パスワードで認証するだけではなく、テキストメッセージや音声通話やモバイルアプリなどを使って、携帯電話で受け取ったコードでも認証を行います。

Vulsとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
Vuls(VULnerability Scanner)は、Linuxの脆弱性をスキャンするためのソフトウェアである。ソフトウェアの脆弱性は日々発見されており、システム管理者はその情報を追従して、対策を実施する必要がある。

OpenXPKIとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
OpenXPKIは、公開鍵基盤(PKI)を構築・運用するためのソフトウェアです。 OpenXPKIは、煩雑な認証局の運営を、WEBインタフェースから行うことができます。

Firejailとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
Firejailは、Linuxシステムでサンドボックスを作成するためのオープンソースソフトウェアである。GNU General Public License v2.0 の元で公開されている。

KSKロールオーバーとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
KSKロールオーバーとは、ルートゾーンのKSKを更新することである。ルートゾーンKSKは、DNSSECの基点となる最上位のKSKのことである。2017年9月からルートゾーンKSKの更新の影響が起きると懸念されている。

KSKとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
KSKとは、DNSSECで使用するZSK(ゾーン署名鍵)を署名するための鍵である。Key Signing Keyの略称で、日本語では鍵署名公開鍵と訳される。

ZSKとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
ZSKとは、DNSSECで使用するゾーンを署名する鍵である。Zone Signing Keyの略称で、日本語ではゾーン署名鍵と訳される。

DSとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
DSとは、DNSSECで信頼の連鎖を構築するためのリソースレコードである。DNSSECでは、子ゾーンのDSを親ゾーンに登録し、親ゾーンはさらに上のゾーンにDSを登録することで信頼の連鎖を構築している。

RRSIGとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
RRSIGとは、権威DNSサーバで公開されるリソースレコードの電子署名である。DNSキャッシュサーバは公開鍵を使用してRRSIGを復号化することで、返ってきたキャッシュが問い合わせた権威ネームサーバからの応答かどうかの正当性を検証する。

セキュリティに関する情報・用語まとめ先頭へ