よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > よくある質問・用語集 > 用語集 > クラスタ(2/3)

クラスタ(2/3)

クラスタの情報ページです。

2/3ページ

ロードバランサ・リバースプロキシソフトウェア【HA Proxy】 | OSSでのシステム構築・デージーネット

ロードバランサ・リバースプロキシソフトウェア[HA Proxy]

HAProxyはオープンソースのロードバランサ・リバースプロキシとして動作するソフトウェアです。ロードバランサと言えば高価な機器を購入して利用するというイメージがありがちです。その一方で、小規模なシステムや、クラウド環境での導入のハードルが高いと感じている方も多いのでは?と思います。HAProxyはソフトウェアとして動作するため、様々な環境に合わせて利用可能です。

LinstorでDRBD SDSを構築・管理 | OSSでのシステム構築・デージーネット

LinstorでDRBD SDSを構築・管理

今回はLinstorを紹介します。Linstorは、DRBDを使ったSDS(Software Defined Storage)を構築するための管理ツールです。

Pacemakerのbundle機能 | OSSでのシステム構築・デージーネット

Pacemakerのbundle機能

今回は、Pacemakerのbundle機能について紹介いたします。近年、コンテナ技術が注目されてきました。コンテナを扱うシステムではDocker/Kubernetes等が広く利用されています。特にKubernetesは、コンテナオーケストレーションツールのデファクトスタンダードとなっています。

DRBDとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
Distributed Replicated Block Device。DRBDはHAクラスタを構築するために設計されたブロックデバイスシステムで、ネットワークを介して2台のサーバのハードディスクをミラーリングすることができるソフトウェア。物理構成として専用のディスクやインタフェースを必要とせず、通常のハードディスクとNICが搭載されていれば良いため、Heartbeatなどのソフトウェアと組み...

Heartbeatとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
HeartbeatはHAクラスタを構成するためのOSS。Linuxで高可用クラスタシステムを構築するための部品を提供しているLinux-HAというプロジェクトで管理されている。Pacemakerなどのクラスタリソースマネージャ(CRM)と組み合わせてリソースの状態まで監視をするHAクラスタを構築することができる。ノード数に上限はなく、最小2台構成から大規模なクラスタまで構築することができ、障害...

LVSとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
Linux Virtual Server。Linux上でLayer4負荷分散装置と同様の機能を実現するためのソフトウェアで、負荷分散装置に求められる基本的な機能を提供する。Linux Virtual Server Projectという開発プロジェクトが開発し管理しているソフトウェアで、最近ではLinuxカーネルにも正式に取り入られている。LVSはIPVS(IP Virtual Server)...

Pacemakerとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
クラスタリソース管理システム(CRM)を実装したOSS。Linuxで高可用クラスタシステムを構築するための部品を提供しているLinux-HAというプロジェクトで管理されている。クラスタシステムで提供するサービスをリソースという単位で管理し、リソースの状態をチェックしたり、サービスの起動や停止を行う。ノードの死活監視やノード間の通信などを管理するHeartbeatと組み合わせることでHAクラスタシス...

STONITHとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
Shoot The Other Node In The Head。オープンソースの高可用性クラスタリングソフトHeartbeatが持つ機能の名称で、監視対象ノードに異常が発生した場合に強制的に停止/再起動させる機能である。Heartbeat自体が何らかの原因で不安定になってしまった場合、サービスの二重起動などが発生して、「スプリットブレイン(split brain)現象」に陥ることがある。ス...

クラスタファイルシステムとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
クラスタファイルシステムは、SAN(Storage Area Network)やiSCSIなどで複数のノードから同時にアクセスが可能なファイルシステムのことである。NFSのような共有するためのファイルサーバが存在するわけではなく、直接ストレージをマウントして利用する。Linuxで代表的なファイルシステムであるextファイルシステムなどを複数のノードからマウントした場合、ファイルシステムキャッシ...

冗長化・冗長性とは | OSSでのシステム構築・デージーネット
冗長化とは、システムに何らかの障害が発生した場合に備えて、障害発生後でもシステム全体の機能を維持し続けられるように予備の装置を平常時からバックアップとして配置し運用しておくことである。一瞬の停止も許されないシステムで採用され、冗長化の手法には、サーバの二重化による「サーバの冗長化」、「ストレージの冗長化」、回線経路の二重化による「ネットワークの冗長化」などの複数の手法がある。一般的に、システム...

クラスタに関する情報・用語まとめ先頭へ