よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > postLDAPadminとは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

postLDAPadminとは

postLDAPadminとは、メールサーバで利用するユーザの管理を、Webインタフェース上で行うためのWebアプリケーションである。デージーネットで開発を行い、オープンソースソフトウェアとして公開している。

メールサーバのユーザ情報はLDAPサーバ上に格納し、そうすることで、従来はサーバ上で管理していたUNIXアカウントを、システムから完全に切り離してまとめて管理することが可能となる。これには、メール配送のためにUNIXアカウントを作成する必要がない、別名配送や転送もサーバ上のファイルを編集して管理する必要がない、といったメリットがある。

postLDAPadminでは、以下のようなシステム構成を前提としている。

  • LDAPサーバ(OpenLDAP)
  • メールシステムのユーザ情報、メーリングリストの情報を格納する。
  • メールサーバ(Postfix)
  • LDAPサーバ上のユーザ情報、メーリングリストの情報を参照し、メールを配送する。
  • POP/IMAPサーバ(dovecot または courier-imap)
  • LDAPサーバ上のユーザ情報を参照し、メールの受信を可能にする。
  • Webサーバ(apache)
  • postLDAPadminのWebインタフェースを提供する。

postLDAPadminを使用することで、WebインタフェースからLDAPサーバに格納されているメールアカウントの追加・編集・削除が行え、LDAP管理コマンドを使用する手間がない。そのため、LDAPサーバの管理に関する知識がなくても、比較的簡単にユーザの管理が可能となる。

【カテゴリ】:メール関連技術  デージーネット  オープンソースソフトウェア  

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

デージーネットのテレワーク事例から学ぶ、オープンソースを活用したテレワーク導入セミナー

日程: 7月16日(木)Webセミナー「BigBlueButton」を使用します。
7月17日(金)デージーネット東京営業所
内容: ご好評につき、5月に開催したセミナーを再度開催いたします!デージーネットが行ったテレワークの具体的テクニックから、テレワーク導入のポイントをお伝えします。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

関連用語

postLDAPadminに関連するページ(事例など)

postLDAPadminとは先頭へ