オープンソース

OSSのビジネスチャット比較

現在、働き方改革の推進により従来のメールや電話というコミュニケーションツールではなく、ビジネスチャットが注目されています。ここではOSSのビジネスチャットシステム「Rocket.Chat」および「Mattermost」の主な特徴について紹介します。

ビジネスチャットとは

ビジネスチャットとは、メールや電話の代替手段としてチャット形式のコミュニケーションツールとして活用されているサービスのことです。代表的なものにクラウド型のビジネスチャットシステムのSlackなどがあります。ビジネスチャットを利用すると、チャット形式で気軽に会話することができ、社内間のコミュニケーションが活性化されます。またビジネスチャットルーム内でファイルが共有できるため、効率化を実現できます。リモートワークや在宅勤務などで、場所を選ばず会議を行うことができます。

ビジネスチャットを導入する場合には、クラウド型の有料サービスで代表的なビジネスチャットシステムのSlack等を利用する方法と、OSSのビジネスチャットシステムのRocket.ChatやMattermostを利用する方法があります。

ビジネスチャットの画像

クラウド型ビジネスチャット「Slack」とは

Slackとは2013年からアメリカのSlack Technologies, Incが提供しているビジネスチャットサービスで、日本でもIT業界を中心に利用されています。

Slackを利用する特徴として次のようなものがあります。

  • チームやプロジェクト別など必要に応じてチャンネルを作成することができる
  • チャンネルの参加や退出は自由に行うことができる
  • 顧客や社外の関係者、企業とチャンネルを共有することで、担当者を一つのチャンネルに集結が可能になる
  • 音声またはビデオ通話での会話ができ、さらに画面の共有も可能
  • PDF、画像、動画ファイルを共有できる
  • skypeやGoogleハングアウト、Dropboxなどの1,500点以上の外部アプリと連携ができる

クラウド型ビジネスチャット「Slack」の課題

Slack等クラウド型のビジネスチャットシステムを使用する場合、やり取りの履歴がサービス提供サイトに残ることになります。クラウド型のビジネスチャットサービスはアクセスを制限されたユーザに絞ることはできますが、外部に機密情報や個人情報を残すことの不安があります。セキュリティ対策の観点から外部に情報を持ち出すことやインターネットへのアクセスが制限されている場合には、クラウド型ビジネスチャットツールを利用することが難しいこともあります。

ビジネスチャットシステム「Rocket.Chat」や「Mattermost」ならオンプレミス環境に構築することで、機密情報や個人情報を組織内に保存でき、安全で便利にビジネスチャットサービスを利用することができます。またクラウド型ビジネスチャットシステムのSlackは有料サービスのため、外部とプロジェクトなどを共有する場合にどちらが使用料を支払うかの問題があります。OSSのビジネスチャットシステム「Rocket.Chat」や「Mattermost」ならば、組織を越えた外部との利用もできます。

OSSのビジネスチャットシステム

OSSのビジネスチャットシステムである「Rocket.Chat」や「Mattermost」を使えば、オンプレミス環境でビジネスチャットサービスを利用できるようになります。

OSSのビジネスチャットシステム「Rocket.Chat」の特徴

Rocket.Chatの特徴は次のようなものがあります。

用途にあわせたチャットルームの作成

Rocket.Chatは、用途に合わせて公開用、限定公開、非公開の3つのスタイルで利用することができます。例えば、組織の内部だけで使う場合には非公開のチャットルームとして、管理者が登録したユーザだけが利用できるようにします。

一方、組織の枠を超えて利用するには、公開、または限定公開のチャットルームとすると便利です。公開チャットルームは、Webページから参加申請をすれば誰でも利用できるようなスタイルです。また、限定公開のチャットルームは、参加者からの招待された人が参加できます。

さらに、チャットルームの中には複数のチャネルを作成することができます。誰でもが参加できる公開チャネル、特定のグループの中だけで利用する非公開チャネル、一対一でチャットができるダイレクトメッセージなど用途に応じて、使い分けることができます。

Rocke.Chat_PCの画像

ウェブブラウザやモバイルアプリケーションでの利用

Rocket.ChatはAndroidやiOSに対応したモバイルアプリケーションを利用することができます。そのため、出張中や外出中にもやり取りの内容を確認できます。

Rocket.Chat_loginの画像

Rocket.Chat_Phoneの画像

LDAPサーバやActiveDirectoryサーバとの連携

Rocket.ChatはLDAPサーバと連携することで、ログイン時のユーザ認証をLDAPに問い合わせることができます。LDAPサーバに接続し、ユーザ認証が成功した場合、Rocket.Chatシステムにアカウントが作成され、ログインすることができるようになります。

企業や大学等、LDAPを使用してアカウント管理を行なっている環境にビジネスチャットシステムを導入する場合、ユーザ認証の連携は必須の機能となります。Rocket.Chatを使用すれば、LDAPサーバのアカウント情報を使用したビジネスチャットシステムを構築することができます。Rocket.ChatはLDAPと同様にActiveDirectoryとの連携も可能になります。

外部アプリと連携

Rocket.ChatはTwitter、FacebookなどのSNSにOAuth認証を付けることでTwitter、Facebookと連携することができます。またWebhookやHubotを使ってRocket.ChatとSubversion、Redmine、Jenkinsを連携させることもできます。

ビデオ会議との連携ができる

Rocket.Chatにはビデオチャットの機能があり、ビデオチャットのバックエンドとしてJitsiを使用することができます。Jitsiと連携することでデスクトップ画面の共有ができるため、ビデオ会議でプレゼンテーション資料、アプリケーションの操作等の共有をすることができます。

Rocket.Chat構築事例    Rocket.Chatコンサル    Rocket.Chat無料資料    Rocket.Chat詳細情報

OSSのビジネスチャットシステム「Mattermost」の特徴

Mattermostの特徴は次のようなものがあります。

チームの作成

Mattermost内で作成するコミュニティです。チームにメンバーが所属し、チームにメンバーが会話を行うためのチャネルを作成します。チーム名や説明を加えることができ、チームの管理者がチームメンバーの管理も行うことができます。

チャンネルの作成

MattermostもRocket.Chatと同じようにチャンネルを作成することができます。

  • 公開チャンネル
  • 非公開チャンネル
  • ダイレクトメッセージ(1対1)

ウェブブラウザやモバイルアプリケーションからでの利用

Rocket.Chat同様、ウェブやモバイルから利用することができます。またアプリ版なら、メッセージ受信をPush通知で知ることができます。

サービス連携

Mattermostは、Slackと同様なhubot等integration機能で連携が可能です。

OSSのクラウドストレージ「Nextcloud」のチャット機能

Nextcloudは、OSSのクラウドストレージソフトウェアです。Nextcloudには、Nextcloud Talkというビデオ会議とチャットの機能がオプションで提供されています。

ただし、Nextcloudのコミュニティー版では、日本語が正しく表示されなかったり、ビデオ会議の数に制限があったりします。そのため、Nextcloudのチャット機能を利用するには、商用サポート版を利用する必要があります。

デージーネットの取り組み

デージーネットの社内では、Rocket.Chatを利用しています。また、自治体、金融、製造業などのお客様からのオンプレミスのチャットシステムを導入したいというご要望には、Rocket.Chatを提案しています。これは、Rocket.Chatが非常に安定したソフトウェアであり、LDAPやActiveDirectoryと連携ができるからです。

デージーネットでは、Rocket.Chatを使ったビジネスチャットシステムの構築や、Rocket.Chatの性能改善のためのコンサルティングなどの実績があります。

OSSのビジネスチャット比較の先頭へ