ISPのセキュリティを向上したい1/1

サーバー構築のデージーネットTOP > ISPのセキュリティを向上したい(1/1)

ISPのセキュリティを向上したい(1/1)

ISPのセキュリティを向上したいの情報ページです。

1/1ページ

DNSキャッシュサーバの水責め攻撃対策 | OSSでのシステム構築・デージーネット
2014年の6月から7月にかけて、日本国内のISPで相次いでDNSキャッシュサーバの障害が発生しました。DNS水責め攻撃とよばれる攻撃が行われたためです。攻撃はその後も続き、ISPでは対策に追われました。本事例は、デージーネットがDNSキャッシュサーバにDNS水責め攻撃の対策を行ったものです。

マルチDNS環境の構築 | OSSでのシステム構築・デージーネット
BINDに脆弱性が多く発見され、DNSサーバのバージョンアップなどの対策が頻繁に必要になっています。マルチDNS環境は、複数のDNSサーバソフトウェアを使ってDNSサーバを構成することで、特定のソフトウェアの脆弱性によって外部から攻撃を受けてDNSサービスが停止することがないようにするのが目的です。本事例は、このようなマルチDNS環境を構築したものです。

スパムメール監視システム | OSSでのシステム構築・デージーネット
スパムチェックアプライアンスを利用してスパムと判定されるメールをより厳しく制限するため、ログ監視とデージーネットの製品を組み合わせたスパムメール監視・対策を行うシステムを構築しました。

OpenVASによるセキュリティ診断 | OSSでのシステム構築・デージーネット
OSSのOpenVASを利用して、セキュリティ診断を行えるようになりました。WEB-GUIがあり、自身で何度でもセキュリティ診断が可能です。

ISPへの新攻撃手法への対策を開始! | OSSでのシステム構築・デージーネット
デージーネットからのお知らせ|ISPへの新攻撃手法への対策を開始しました。

急増するISPへの攻撃に対し、SpamGuardのメールシステム保護機能拡充版を緊急リリース | OSSでのシステム構築・デージーネット
デージーネットからのお知らせ|急増するISPへの攻撃に対し、SpamGuardのメールシステム保護機能拡充版を緊急リリースしました。

メールサーバの不正利用を防止!
急増するISPへの攻撃から守るSpamGuard「POP/IMAPサーバ保護オプション」を6月リリース | OSSでのシステム構築・デージーネット
デージーネットからのお知らせ|メールサーバの不正利用を防止!急増するISPへの攻撃から守るSpamGuard「POP/IMAPサーバ保護オプション」を6月リリースします。

特定外国発のSPAMメール受信を防止可能にSPAMメール対策用ソフトウェア「SpamGuard」、国別流量制限の機能を追加 | OSSでのシステム構築・デージーネット
インターネットプロバイダ用に開発したSPAMメール対策用ソフトウェア「SpamGuard」において、新たな機能としてIPアドレスから国を判別するGeoIP2データベースを使うことで国ごとに制限値が設定できる機能を追加しました。

DNSへの水責め攻撃防止システム構築サービスを開始 | OSSでのシステム構築・デージーネット
キャッシュDNSサーバへの水責め攻撃によるサービス停止を防止するDNSサーバ構築サービスを開始しました。このDNSサーバ構築サービスにより、水責め攻撃によるDNSサービスの停止が予防でき、ユーザが受ける影響を小さく留めることができます。

このページの先頭へ