よくある質問・用語集

システム監視(4/5)

システム監視の情報ページです。

4/5ページ

Nagiosとは | OSSのデージーネット
Nagiosとは、システムとネットワークの稼働状態を監視するソフトウェアである。システムの異常を検知すると、それを管理者にメールで報告する機能などを備える。Ethan Galstad氏を中心として開発され、オープンソースソフトウェアとして公開されている。Nagiosはオープンソースの統合監視ソフトウェアの中でも歴史のあるソフトウェアである。利用実績や日本語の情報が多くあり、比較的情報を入手しやす...

NetSNMPとは | OSSのデージーネット
NetSNMPは、SNMPプロトコルを実装したオープンソースソフトウェアである。SNMPエージェント、SNMPユーティリティ、SNMPライブラリを含んでいる。SNMPエージェントを使用すると、サーバのCPU使用率、メモリ使用率、ネットワークインタフェースのトラフィック量等、様々な統計情報をSNMPマネージャに通知することができる。また、必要なプロセスの有無や、外部スクリプトの結果をSNMPマネー...

SNMPとは | OSSのデージーネット
Simple Network Management Protocol。ルータ、スイッチ、サーバ等のネットワークに接続された機器の監視・制御を行うためのプロトコルである。RFC1157で定義されている。SNMPは、SNMPマネージャとSNMPエージェントで構成される。SNMPマネージャは、SNMPエージェントから情報を取得して表示したり、警告を送信したりするためのソフトウェアである。オープンソ...

Zabbixとは | OSSのデージーネット
Zabbixとは、サーバ、ネットワーク、アプリケーションを集中監視するための統合監視ソフトウェアである。統合監視に必要な監視、障害検知、通知機能を備えており、多数のプラットフォームに対応したZabbixエージェントとSNMPに対応しているため、システム全体をZabbixひとつで監視することが可能である。また、スクリプトを作成してアプリケーションの監視を独自に拡張できたり、障害検知時にもスクリプト...

Zabbix Proxyとは | OSSのデージーネット
Zabbix Proxyとは、Zabbixサーバのかわりに監視対象から監視データを収集し、Zabbixサーバに情報を送信する機能です。Zabbix Proxyが収集したデータはローカルのデータベースにバッファリングされ、Zabbixサーバに転送します。Zabbizサーバから監視対象の機器へネットワーク的に到達できないような場面でも、Zabbix Proxyを介することで、Zabbixサーバから一括...

collectdとは | OSSのデージーネット
collectdは、サーバの統計情報を収集するためのオープンソースソフトウェアです。Linuxサーバでcollectdを起動すると、定期的にサーバの統計情報を収集してデータベースに保存されます。保存されたデータは、collectdに含まれるウェブインタフェース(CGI)を使用して参照することが可能です。収集データはグラフ化して表示されます。プラグインとして提供されているモジュールをロードすること...

OSSECとは | OSSのデージーネット
オープンソースソフトウェアのホスト型IDS(Intrusion Detection System)。ログ解析と整合性チェック、Windowsレジストリの監視、ルートキットの検出、リアルタイム警告、アクティブレスポンスの機能を有する。OSSECを利用すると、ファイル改ざんや異常なログを素早く検知することができる。

Logstashとは | OSSのデージーネット
Logstashとは、Logstashログだけではなく様々な形式のデータを収集・変換し、任意の場所に保管することができるオープンソースソフトウェアです。Elastic社が開発を行い、Apache2ライ...

Graylogとは | OSSのデージーネット
Graylogとは、オープンソースのログ管理ソフトウェアである。様々な形式のログを集約し、ログの高速検索や可視化を行なうことができる。また多くの設定をWEBインタフェースで行なうことができるという特徴がある。GraylogはGPLv3で公開されている。

Grafanaとは | OSSのデージーネット
Grafanaとは、Grafana Labsによって開発されているオープンソースのダッシュボードツールソフトウェアです。ダッシュボードとは、様々な方法で取得した情報をひとつの画面上にまとめて表示するためのツールのことをいいます。

システム監視に関する情報・用語まとめ先頭へ