よくある質問・用語集

システム管理(9/11)

システム管理の情報ページです。

9/11ページ

OSSECとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
オープンソースソフトウェアのホスト型IDS(Intrusion Detection System)。ログ解析と整合性チェック、Windowsレジストリの監視、ルートキットの検出、リアルタイム警告、アクティブレスポンスの機能を有する。OSSECを利用すると、ファイル改ざんや異常なログを素早く検知することができる。

daloRADIUSとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
daloRADIUSは、RADIUSサーバのユーザやアカウンティングの管理を行うためのウェブインタフェースである。daloRADIUSを利用すると、RADIUS認証で使用するユーザの追加・削除・編集等をウェブインタフェースから視覚的に行うことができる。

Logstashとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
Logstashとは、Logstashログだけではなく様々な形式のデータを収集・変換し、任意の場所に保管することができるオープンソースソフトウェアです。Elastic社が開発を行い、Apache2ライ...

Vulsとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
Vuls(VULnerability Scanner)は、Linuxの脆弱性をスキャンするためのソフトウェアである。ソフトウェアの脆弱性は日々発見されており、システム管理者はその情報を追従して、対策を実施する必要がある。

OpenXPKIとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
OpenXPKIは、公開鍵基盤(PKI)を構築・運用するためのソフトウェアです。 OpenXPKIは、煩雑な認証局の運営を、WEBインタフェースから行うことができます。

Fessとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
Fessとは、オープンソースソフトウェアの全文検索システムである。CodeLibs Projectによって開発され、Apacheライセンスで提供されている。Fessはwebサイトやファイルサーバのデータを収集・解析することができる。つまり、Fessを利用することで、サイト内検索やファイルサーバの全文検索を行うことができる。

phpIPAMとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
phpIPAMとは、オープンソースソフトウェアのIP管理システムです。ネットワークを安全に運用するためにはIPアドレスを適正に管理する必要があります。サーバ、PC、プリンタ、ルータ、スイッチ等のネットワーク接続機器の数が増えてくると、その管理が複雑になり、煩雑になってきます。phpIPAMを使用すれば、IPアドレスに関連するいろいろな情報を管理できます。ウェブインタフェースから管理作業を行うことができるため、phpIPAMはネットワーク管理者にとって非常に便利なツールと言えます。

OpenSCAPとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
OpenSCAPとは、SCAPの規格に従ってシステムのセキュリティポリシーをチェックすることができるオープンソースソフトウェアです。

systemdとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
systemdとはLinuxなどのUnix系のコンピューターのシステムを起動するときに様々なプログラムを動かす元のプログラムのことである。また、systemdのような元のプログラムのことをinit プロセスと呼ぶ。

gVisorとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
gVisorとは、コンテナ型仮想化で使われる技術の1つで、OCI Runtime Specificationに基づいて作られたKubernetesやDockerの低レベルなランタイムです。gVisorは、Go言語で書かれたユーザスペースで動くカーネルと紹介されています。

システム管理に関する情報・用語まとめ先頭へ