よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > IPv4/IPv6デュアルスタックとは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

IPv4/IPv6デュアルスタックとは

IPv4/IPv6デュアルスタックとは、インターネットのサーバにIPv4とIPv6両方のIPアドレスを設定し、IPv4とIPv6の両方へアクセス可能にする仕組みである。

IPv4からIPv6へ徐々に移行していく中で、どちらかのIPアドレスのみでサービスを提供することが難しい場合、両方のIPアドレスを設定することで、IPv4のみ利用できるクライアント、IPv6のみ利用できるクライアントの両方に対してサービスが可能になる。

Linux kernelをはじめ、OSSのほとんどがIPv4,IPv6とのデュアルスタックをサポートしており、デュアルスタック環境へ移行することができる。

【カテゴリ】:プロトコル  OS  Linux関連技術  ネットワークインフラ  

RHEL8新機能無料セミナー

日程: 9月20日(金)デージーネット本社
内容: 5月にリリースされたRed Hat Enterprise Linux 8と、Red Hat Enterprise Linux 8に関連するオープンソースソフトウェアについて紹介いたします。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

関連用語

IPv4/IPv6デュアルスタックに関連するページ(事例など)


デージーネット用語集のページです。「IPv4/IPv6デュアルスタック」という用語と関連情報について説明します。「IPv4/IPv6デュアルスタック」について情報を収集する際、サービスをご検討いただく際などに用語集ページをお役立てください。

IPv4/IPv6デュアルスタックとは先頭へ