よくある質問・用語集

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

gVisorとは

gVisorとは、コンテナ型仮想化で使われる技術の1つで、OCI Runtime Specificationに基づいて作られたKubernetesやDockerの低レベルなランタイムです。

gVisorは、Go言語で書かれたユーザスペースで動くカーネルと紹介されています。Google社が開発し、オープンソースとして公開されています。runcのセキュリティの問題を解消するために開発されました。

コンテナ・アーキテクチャ

コンテナ型仮想化は、OCI Runtime Specification、OCI Image Format Specification、CRI(Container Runtime Interface)などの規定によって、アーキテクチャーが標準化されています。図は、そのアーキテクチャを示したものです。

分割されたDockerとKubernetesの関係

gVisorは、このアーキテクチャのうちの低レベルのランタイムとして、実装されています。

gVisorとrunc

低レベルのランタイムとしては、Dockerのコードから分離して作られたruncが知られています。runcでは、すべてのコンテナが1つのカーネルを共有して動作します。そのため、不適切なコンテナが存在した場合には、他のコンテナに影響が及ぶ可能性があり、セキュリティ的に脆弱だと懸念されています。

低レベルのランタイムのrunc

gVisorは、コンテナの動作に必要なシステムコールの多くを、直接ホストカーネルに渡さず、ユーザ空間で処理します。ただし、ハードウェアに関連する一部のシステムコールだけは、ホストカーネルに処理を委ねる構造になっています。このような構造によって、gVisorは、ホストカーネルとコンテナを切り離し、コンテナをサンドボックス化することができます。

gVisorは、Linuxでのみ動作します。

低レベルのランタイムのgVisor

低レベルのランタイムとしては、他にKata Containerなどがあります。

【カテゴリ】:システム管理  仮想化  オープンソースソフトウェア  

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

【Webセミナー】情報システム部担当者が教える!オープンソースソフトウェア活用した
 テレワークの導入セミナー

日程: 11月27日(金)Webセミナー「BigBlueButton」を使用します。
内容: 前回ご好評でした、「デージーネットのテレワーク事例から学ぶ、オープンソースを活用したテレワーク導入セミナー」の内容をさらにパワーアップ!Web会議システムやチャットシステムに加えてテレワークのために利用しているOSSについてご紹介します。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

関連用語

gVisorに関連するページ(事例など)

gVisorとは先頭へ