よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > fmlとは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

fmlとは

fmlとは、日本人によって開発、メンテナンスされているメーリングリスト管理ソフトウェアである。Perlで実装されたソフトウェアで、バージョンは大きく4系と8系に分かれている。現在の安定バージョンは4であり、8はまだ開発段階にある。

プログラムは配送と管理のためのコマンドとCGIインタフェースに分かれており、投稿されたメールの管理からWEBインタフェースでの記事の公開など、様々な機能を有している。

日本人によって開発されていることもあり、日本語のマニュアルも多く、日本語メールの対応にも強い。そして、一般的なメーリングリスト管理機能に加えて下記の機能を持っている点が特徴である。

  • PGPを使用したメールの暗号化および認証機能をサポートしている
  • メールの配信メンバーとメールの投稿メンバーを別々に管理できる
  • コマンドやWEBインタフェースだけでなく、管理者から送られるメールでメンバーの管理ができる

【カテゴリ】:メール関連技術  情報共有  オープンソースソフトウェア  

オープンソースで大量ログデータの統合管理
〜ログ管理OSS「Graylog」のご紹介〜

日程: 1月16日(木)デージーネット東京営業所
1月24日(金)デージーネット本社
内容: 大量のログファイルを収集しても、事件・事故が発生したときにログデータを活用できていない、もっとログデータをわかりやすく管理したいなどの悩みを解決する大量ログデータ統合管理のOSS「Graylog」についてご紹介いたします。
ご興味のあるかたはぜひご参加ください。

セミナー申込

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

関連用語

fmlに関連するページ(事例など)

fmlとは先頭へ