オープンソース

Top

3. ファイル共有の設定を行う

Nextcloudでは、アップロードしたファイルやフォルダを他のユーザーと共有することができます。 本章では、Nextcloudでのファイルの共有設定について解説します。

Nextcloudでは、Nextcloudに登録されているユーザーやグループとファイルを共有するだけでなく、Nextcloudに登録されていないユーザーともファイル共有を行うことができます。 管理者は、ファイル共有に関する制限や動作の設定を行うことができます。

ファイル共有に関する設定は、 設定メニュー の項目 共有 から行います。

_images/share.png

3.1. ファイル共有を有効にする

Nextcloudのユーザーがファイルを共有できるようにするには、 アプリからの共有APIの利用を許可する にチェックをいれます。

_images/share_limit.png

この項目にチェックがない場合、ユーザーはファイルを共有することができません。

3.2. ファイル共有の有効期限を設定する

ファイル共有に有効期限を設定する場合、 共有のデフォルトの有効期限を設定する にチェックをいれます。

_images/share_limit.png

この項目にチェックを入れると、共有が無効になるまでの日数を入力することができます。

Note

共有ファイルの有効期限は、設定後、新たに共有したファイルに対して適用されます。各ユーザーが、デフォルトの有効期限よりも長い有効期限を設定し直すことも可能です。

有効期限を反映させる にチェックを入れると、共有ファイルすべてに対し設定した有効期限を強制適用することができます。すでに共有中のファイルに対しても適用されます。

Note

有効期限を反映させる にチェックを入れた場合、デフォルトの有効期限よりも短い期間であれば、各ユーザーが自分で有効期限を設定することができます。また、有効期限が切れる前に有効期限を再延長することも可能です。有効期限を再延長する場合は、再延長の処理を行う日からデフォルトの有効期限内での期間で再延長を行うことができます。

3.3. 外部ユーザーへの共有を許可する

Nextcloudに登録されていない外部のユーザーとファイルを共有を行う場合、以下の設定を行います。

  • URLリンクでの共有を許可する
  • パブリックなアップロードを許可する
  • 常にパスワードをたずねる
  • 常にパスワード保護を有効にする
  • URLリンク共有のデフォルトの有効期限を設定する
_images/share_link.png

Nextcloudに登録されていない外部のユーザーとファイルを共有を行う場合、URLのハイパーリンクを介して共有を行います。 そのため、外部のユーザーとファイル共有をできるようにするには、 URLリンクでの共有を許可する にチェックをいれます。

URLリンクでの共有には、さらに細かく以下の設定を行うことができます。

  • パブリックなアップロードを許可する
    • URLリンクで共有したフォルダに対し、外部のユーザーからのファイルをアップロード許可する場合はチェックをいれます。この項目にチェックがない場合、外部のユーザーはNextcloudにファイルをアップロードすることはできません。
  • 常にパスワードをたずねる
    • URLリンクでの共有時に、パスワード保護を設定する場合はチェックをいれます。 共有時に自動でパスワード保護が有効となりますが、各ユーザーはパスワード保護を解除することもできます。 パスワードは各ユーザーが自分で設定する必要があります。
  • 常にパスワード保護を有効にする
    • URLリンクでの共有時に、パスワード保護を強制する場合はチェックをいれます。 すでに共有されているファイルやフォルダに対してもパスワード保護が有効となります。パスワード保護を解除することはできません。 パスワードは各ユーザーが自分で設定する必要があります。
  • URLリンク共有のデフォルトの有効期限を設定する
    • URLリンクでのファイル共有に有効期限を設定する場合はチェックをいれます。 この項目にチェックを入れると、共有が無効になるまでの日数を入力することができます。

Note

共有ファイルの有効期限は、設定後、新たに共有したファイルに対して適用されます。各ユーザーが、デフォルトの有効期限よりも長い有効期限を設定し直すことも可能です。

  • 有効期限を反映させる
    • URLリンクでの共有ファイルすべてに対し設定した有効期限を強制適用することができます。すでに共有中のファイルに対しても適用されます。

Note

有効期限を反映させる にチェックを入れた場合、デフォルトの有効期限よりも短い期間であれば、各ユーザーが自分で有効期限を設定することができます。また、有効期限が切れる前に有効期限を再延長することも可能です。有効期限を再延長する場合は、再延長の処理を行う日からデフォルトの有効期限内での期間で再延長を行うことができます。

3.4. より詳細な共有の許可設定を行う

再共有の許可や、グループ共有の許可について、以下の設定を行うことができます。

_images/other_share_setting.png
  • 再共有を許可する
    • ユーザーは共有されているファイルを再共有することができるようになります。
  • グループ共有を許可する
    • ユーザーがグループとファイル共有できるようになります。
  • グループ内のユーザーでのみ共有するように制限する
    • 共有を行うユーザーが所属するグループに対してのみ共有できるようになります。
  • 共有可能なグループから除外する
    • チェックを入れるとグループを入力する項目が表示されます。指定したグループに所属するユーザーは共有を行うことはできません。
    • 共有を開始することはできませんが、共有されたものを確認することはできます。
  • Allow username autocompletion in share dialog(if this is disabled the full username or email address needs to be entered)
    • チェックを入れると、共有時にNextcloudのユーザー名やグループ名を入力する際、自動補完機能を利用することができるようになります。
  • ユーザー名の自動補完を同じグループ内のユーザーに制限する
    • 自動補完するユーザー名を、共有を行うユーザーと同じグループに所属しているユーザーに限定します。
  • Show disclamier text on the public link upload page(only shown when the file list is hidden)
    • 隠しファイル(.で始まるファイル)が含まれる共有リンクの場合、指定したテキストを表示するようになります。

3.5. 共有アクセス許可の初期設定を行う

共有を行った際の、デフォルトのアクセス許可を設定します。

_images/share_access.png

以下の中から許可したい項目にチェックをいれます。

  • 作成
  • 変更
  • 削除
  • 再共有

Note

デフォルトのアクセス許可がされていない場合でも、各ユーザーが共有時にアクセス許可を変更することは可能です。

Top