オープンソース

Top

11. カレンダーの利用方法

本章では、Nextcloudのカレンダーの利用方法ついて解説します。

Nextcloudのプラグイン・アプリCalendarを導入すると、Nextcloudにカレンダー共有の機能を追加することができます。 カレンダーの共有機能は、CalDAVプロトコルに対応しているため、Thunderbirdのカレンダー機能と連携したり、iPhoneやAndroidなどのモバイル端末でカレンダーを管理することもできるようになります。 また、Googleカレンダーなど外部のカレンダーを指定して利用することも可能です。

Note

Calendarが導入されていない場合は、管理者に確認してください。

Nextcloudでカレンダーを利用するには、カレンダーページに移動する必要があります。 画面左上にあるカレンダーのアイコンをクリックし、カレンダーページを表示します。

_images/calendar1.png

Note

初期状態で準備されている個人のカレンダー以外に、 +新しいカレンダー からカレンダーを追加することも可能です。

11.1. 予定を追加する

ここでは、カレンダーに予定を追加する方法について解説します。

11.1.1. 終日の予定を追加する

予定を追加したい日をクリックすると、予定追加画面が表示されます。

イベントタイトル に予定のタイトルを入力します。

_images/calendar2.png

予定の開始日と終了日は、選択した日になっているため必要に応じて変更してください。 日程をクリックするとカレンダーが表示され、予定の日にちを変更することができます。

_images/calendar5.png

保存 を押すと、予定が追加されます。

_images/calendar3.png

11.1.2. 時間単位での予定を追加する

予定の時間も指定したい場合は、予定追加画面の 終日 のチェックを外します。 開始日、終了日に時間も表示されますので、日時を指定し 保存 をクリックします。

_images/calendar4.png

11.1.3. 詳細情報を含む予定を追加する

予定追加画面の もっと見る をクリックすると、詳細情報を合わせて追加することができます。

_images/calendar6.png

画面右側に詳細情報を登録する画面が表示されます。

_images/calendar7.png

ここでは、イベントタイトル、開始/終了日時以外に、以下の詳細情報を登録することができます。

  • 詳細
    • 住所を追加 : イベント実施する場所の登録
    • 説明を追加 : イベントの説明を登録
    • 確認済み : イベント自体のステータスを設定
    • 共有時にすべてのイベントを表示 : 共有時のイベントの表示/非表示の設定
    • ビジー : 空き時間情報の追加
    • カテゴリを検索または追加 : イベントのカテゴリを選択
  • 参加者
    • イベントの参加者を設定できます
  • リマインダー
    • イベント開始前の通知を設定できます
  • 繰り返し
    • イベントの繰り返し設定を行うことができます

11.2. 予定を変更する

追加した予定を変更するには、変更したい予定をクリックします。

_images/calendar8.png

予定の変更は、予定の追加と同様の内容を変更することができます。

11.3. 予定を削除する

予定を削除するには、削除したい予定をクリックし もっと見る から詳細を表示します。

_images/calendar8-1.png

予定の詳細設定画面から、イベントタイトルの右にある をクリックします。 削除 を選択すると予定が削除されます。

_images/calendar9.png

11.4. 予定を共有する

11.4.1. 内部の人に予定を共有する

Nextcloudでは、カレンダーに追加した予定をNextcloudに登録されているユーザまたはグループと共有することができます。

予定の共有を行うには、カレンダーページにある共有ボタンをクリックします。 共有するユーザまたはグループを入力し、共有する相手を選択します。

_images/share_cal.png

共有が完了すると、共有リストに表示されます。 予定の編集を許可する場合は、 編集を許可 にチェックをいれます。

_images/share_cal2.png

共有されたユーザの画面では、以下のように予定を確認することができるようになります。

_images/share_cal3.png

11.4.2. 外部の人に予定を共有する

Nextcloudのカレンダー機能では、Nextcloudに登録されていない外部の人に予定を共有することができます。

外部の人に予定を共有するには、URLを用いて共有を行います。

_images/share_cal4.png

公開URLに接続することで、Nextcloudに登録されていないユーザも予定を確認することができます。

_images/share_cal5.png

11.5. 共有されたカレンダーを表示する

ここでは、Nextcloudの内部ユーザから共有された予定の表示について解説します。

11.5.1. 共有されたカレンダーの表示を変更する

共有されているカレンダーの表示名や色を変更することができます。

Note

自分の環境内でのみの適用となります。共有元や他の共有者には影響ありません。

変更したい共有カレンダーの から設定を表示します。

_images/share_cal7.png

カレンダーの表示変更したい場合、 名前を編集 を選択します。 表示名を変更し矢印ボタンで反映します。

_images/share_cal8.png

カレンダーの表示色したい場合、 色を編集 を選択します。 変更したい色を選択し、矢印ボタンで反映します。

_images/share_cal9.png

共有を解除したい場合、 共有を自分から解除 を選択します。

_images/share_cal10.png

Note

共有を解除した場合、再共有されるまで表示できなくなります。

11.5.2. 共有されたカレンダーの表示/非表示を切り替える

複数人からカレンダーが共有されると、他のユーザの予定でカレンダーが見づらくなる場合があります。 Nextcloudのカレンダーでは、共有されている予定の表示/非表示を切り替えることができます。

_images/share_cal6.png

共有されているカレンダーの左側にある丸に、色がついていないものは 非表示 、ついているものは 表示 となります。 表示/非表示を切り替えるには、この丸の部分をクリックします。

11.6. CalDAVクライアントと連携する

Nextcloudのカレンダー機能は、CalDAVクライアントと連携することができます。 連携を行うことで、CalDAVクライアントでNextcloudの予定を確認することができるようになります。

ここでは、CalDAVクライアントとの連携方法の例として、ThunderbirdのカレンダーでNextcloudの予定を表示する方法について解説します。

ThunderbirdでNextcloudの予定を表示するには、プライベートリンクを利用します。 Thunderbirdのカレンダーで表示したいユーザのプライベートリンクを取得します。

_images/caldav.png

CalDAVクライアント側でNextcloudのプライベートリンクを取り込みます。 Thunderbirdのカレンダーから 新しいカレンダー を作成します。 Nextcloudのカレンダーと連携を行うため、 ネットワークのサーバに保存する を選択します。

_images/caldav2.png

リモートカレンダーへの接続設定を行います。

フォーマットは CalDAV を選択します。 ユーザ名は任意のユーザ名を入力します。 場所には、Nextcloudでコピーした プライベートリンク を指定します。

_images/caldav3.png

続いて、カレンダーの表示名と色、通知の設定を行います。

_images/caldav4.png

これで設定は完了です。

_images/caldav5.png

設定が反映されると、ThunderbirdのカレンダーからNextcloudで登録した予定を確認することができるようになります。

また、Thunderbirdのカレンダーで予定を変更/追加した場合、Nextcloudのカレンダーにも反映されるようになります。

_images/caldav6.png
Top