オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > OSS紹介 > OSSの統合監視ソフト Zabbix >Zabbixのインストールと設定

Zabbixのインストールと設定

Zabbixは、Zabbix LLCのホームページでパッケージが公開されていて、ダウンロード、インストールすることができます。RedHat Enterprise Linux 6、RedHat Enterprise Linux 7、CentOS6、CentOS7、debian、Ubuntuなどのパッケージが公開されています。CentOS6、CentOS7の場合には、rpmパッケージをyumを使って簡単にインストールすることができます。

インストール手順

Zabbixのインストール手順は、パッケージのダウンロードページからリンクされているマニュアルで確認することができます。残念ながら、最新バージョンのZabbixでは英語マニュアルしか公開されていません。Version 2.4までは、日本語マニュアルがありますので、その手順が参考になります。CentOS7では、次のような手順でインストールを行います。

パッケージの入手

yumのレポジトリを作成するためのrpmをダウンロードしインストールします。

# rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/3.2/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.2-1.el7.noarch.rpm ⏎

利用するデータベースに合わせたZabbixのパッケージ(zabbix-server-mysqlまたはzabbix-server-pgsql)と、ZabbixのWEB-UIのパッケージ(zabbix-web-mysqlまたはzabbix-web-pgsql)をインストールします。

# yum install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql ⏎

データベースの設定

データベースを初期化します。

# mysql -u root -p XXXXX ⏎
mysql> CREATE DATABASE zabbix CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_bin;
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON zabbix.* TO zabbix@localhost IDENTIFIED BY '';
mysql> QUIT;

パッケージがインストールされるとデータベース用のスキーマと初期データのインポート用のファイルがインストールされます。それを使って、データベースを設定します。

# zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-3.2.1/create.sql.gz | mysql -u zabbix -p zabbix ⏎

データベース接続の設定

/etc/zabbix/zabbix_server.confにDBのパスワードを設定します。

/etc/zabbix/zabbix_server.conf

DBPassword=zabbix

タイムゾーンの設定

ZabbixのApache用の設定ファイルに、タイムゾーンの設定を行います。

/etc/httpd/conf.d/zabbix.conf

php_value date.timezone Asia/Tokyo

サービスの起動

以上で準備ができましたので、Zabbix関連のサービスをスタートします。

# systemctl start zabbix-server ⏎
# systemctl start zabbix-agent ⏎
# systemctl start httpd ⏎

Zabbix設定ウィザード

WebブラウザからZabbixサーバにアクセスします。

例)http://zabbix.designet.jp/zabbix/

すると、設定ウィザードが始まります。ウィザードにそって、DBへのサクセス情報などを入力し、設定を行っています。設定が終わるとZabbixのログイン画面が表示されます。

以上でインストールは完了です。このようにrpmパッケージをyumを使って簡単にインストールすることができます。

OSS情報「Zabbix」

OSSの統合監視ソフトZabbix
ここでは、OSSの統合監視ソフトZabbixの特徴や、Zabbixについてデージーネットの行なっているサービスを紹介します。
Zabbixの基本機能
ここでは、ZabbixのインターフェースやZabbixの監視機能などZabbixの基本的な機能について紹介します。
Zabbixの応用システム構成
ここでは、デージーネットの行っているZabbixの応用的なシステム構成について解説します。
Zabbixのインストールと設定
ここでは、Zabbixのインストール方法を紹介します。Zabbixは、Zabbix LLCのホームページでパッケージが公開されていて、ダウンロード、インストールすることができます。

Zabbixによる監視システム構築事例

監視システムのリプレースでZabbixを導入しました。Zabbixと独自開発の連携プログラムを組み合わせた監視システムとし、Zabbixが検知した障害が、携帯電話へ音声で通知されるようにしました。また、設定は日本語対応のZabbixウェブインタフェースから行う事ができます。

Zabbix Proxy調査報告書

Zabbix Proxyは、Zabbixサーバのかわりに監視対象から監視データを収集し、Zabbixサーバに情報を送信する機能です。この資料は、Zabbix Proxyについて調査しまとめたものです

監視サーバ事例一覧

システムの運用管理において、システムの状態を定常的に管理し、不具合を素早く発見するためには、監視サーバが欠かせません。デージーネットでは、障害発生を未然に防ぐこと、障害が発生した場合にすばやく検知し、復旧を行い、原因解決を行うことで、システムを安心して利用することができるようになると考えています。

システム監視に関する情報・用語まとめ

Zabbixを含むシステム監視に関する様々な情報をご覧になれます。

Cactiによる運用監視サーバ

Cactiを利用した監視サーバを提案しました。これまでお客様がCactiを導入されており、同様に運用できるようにCactiを利用しました。さらにCactiのsyslogプラグインを導入することでログ管理が容易になることから、syslogサーバとCactiを同居させるシステムとしました。

Cactiによる大規模監視システム

Cactiを使って、監視システムを構築しました。1500台以上のサーバに対して監視を行い、閾値監視、障害時のメール通知などを実現しました。

Zabbixのインストールと設定の先頭へ