オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > OSS紹介 > OSSの統合監視ソフトZabbix > Zabbixの基本機能

Zabbixの基本機能

ここでは、Zabbixのインターフェースやグラフ、Zabbixの監視機能などを紹介します。

ZabbixのWebインターフェース

Zabbixでは、Webインターフェースを使用して設定変更を視覚的に行えるため、容易に設定ができ、管理の負担軽減となります。また、言語設定により日本語表示にすることができます。 さらに、Zabbixでは設定の変更内容は即座に反映されます。そのため設定変更後の再起動は必要ありません。


グラフ

Zabbixでは、一画面に複数のグラフを表示させることができます。その際、画面内のグラフは自動で更新されます。更新間隔は設定によって変更することが可能です。

Zabbixグラフ画面例

Zabbixの監視

Zabbixでは、Zabbixエージェントと呼ばれる専用のエージェントを使って監視を行います。また、SNMPに対応した機器に付いては、エージェントなしでも監視を行うことができます。ここでは、それぞれで実施できる機能について解説します。

Zabbixエージェントを使用しない監視

ping疎通

Zabbixの監視対象ホストとのping疎通が取れるかをチェックします。

TCP疎通/応答時間

指定されたポートへTCPレベルでの接続を行い、接続の可否・応答時間をチェックします。

SNMPによる状態監視

CPUやメモリの使用率、ルータのトラフィック量やエラー数など、SNMPエージェントの状態を確認することができます。

スクリプト実行

シェルスクリプト、Perl、Python、Ruby等のプログラミング言語でスクリプトを作成することで、Zabbixエージェントの監視機能を拡張することができます。実行されたスクリプトの結果をチェックします。

プロセス

稼動しているLinuxプロセスやWindowsサービスの状態をチェックします。

トラフィック

ネットワーク上で送受信される信号やデータ量をチェックします。

SNMPトラップ

SNMPエージェントから発行されるトラップを受信します。エージェントからのトラップは、異常事態が発生したときや、状態を示すパラメータが閾値を超えた場合に発行されます。

Zabbixエージェントによる監視

CPU使用率

CPUの負荷をチェックします。原因がプログラムにある場合には、コマンドでプログラムを特定して対処します。

メモリ使用率

メモリの使用率をチェックします。

WEB監視

WEBサイトの稼動状況をチェックします。別名、URL監視とも呼ばれます。WEB監視を行うためには、WEBシナリオを設定する必要があります。シナリオはログインから、ある画面までの遷移を定義したものです。WEBページを階層的にチェックできます。

スワップ監視

スワップが発生していないかをチェックします。スワップはメモリが満杯である場合に、ハードディスクのスワップ領域に移動されます。

ディスク使用率

CPUの負荷をチェックします。原因がプログラムにある場合には、コマンドでプログラムを特定して対処します。

ログ監視

ログファイルに特定の文字列が存在するかチェックします。存在した場合、通知レポートを使用してユーザーに警告します。文字列の指定には正規表現を用いることができます。

通知の配信

Zabbixでは、様々な監視の結果、必要に応じて通知を行うことができます。通知としては、次のような種類があります。

メール通知

メールを利用して、アラートや通知を送信します。

SMS

モデムを使ってSMSでアラートや通知を送信します。

カスタムスクリプト

自作のアラートスクリプトを起動します。パトランプを回したり、インシデント管理システムに登録したり、ビジネスチャットに投稿するなど、独自の通知を行えます。

Zabbixテンプレートとモジュール

Zabbixでは、多数の機器の監視の登録を容易にするために、テンプレート機能が用意されています。テンプレートとは、複数のホストに適用することができるエンティティーのセットのことです。エンティティーには以下のものがあります。

  • アイテム
  • グラフ
  • アプリケーション
  • トリガー
  • スクリーン(Zabbix 2.0以降)
  • ローレベルディスカバリルール(Zabbix 2.0以降)
  • Webシナリオ(Zabbix 2.0以降)

テンプレートを利用することで、全てのホストに対して変更を行う際の、時間と手間を削減することができます。これはテンプレートを変更することで、すべてのリンクされたホストへ変更が反映されるためです。

OSS情報「Zabbix」

OSSの統合監視ソフトZabbix
ここでは、OSSの統合監視ソフトZabbixの特徴や、Zabbixについてデージーネットの行なっているサービスを紹介します。
Zabbixの基本機能
ここでは、ZabbixのインターフェースやZabbixの監視機能などZabbixの基本的な機能について紹介します。
Zabbixの応用システム構成
ここでは、デージーネットの行っているZabbixの応用的なシステム構成について解説します。
Zabbixのインストールと設定
ここでは、Zabbixのインストール方法を紹介します。Zabbixは、Zabbix LLCのホームページでパッケージが公開されていて、ダウンロード、インストールすることができます。

Zabbixによる監視システム構築事例

監視システムのリプレースでZabbixを導入しました。Zabbixと独自開発の連携プログラムを組み合わせた監視システムとし、Zabbixが検知した障害が、携帯電話へ音声で通知されるようにしました。また、設定は日本語対応のZabbixウェブインタフェースから行う事ができます。

Zabbix Proxy調査報告書

Zabbix Proxyは、Zabbixサーバのかわりに監視対象から監視データを収集し、Zabbixサーバに情報を送信する機能です。この資料は、Zabbix Proxyについて調査しまとめたものです

監視サーバ事例一覧

システムの運用管理において、システムの状態を定常的に管理し、不具合を素早く発見するためには、監視サーバが欠かせません。デージーネットでは、障害発生を未然に防ぐこと、障害が発生した場合にすばやく検知し、復旧を行い、原因解決を行うことで、システムを安心して利用することができるようになると考えています。

システム監視に関する情報・用語まとめ

Zabbixを含むシステム監視に関する様々な情報をご覧になれます。

Cactiによる運用監視サーバ

Cactiを利用した監視サーバを提案しました。これまでお客様がCactiを導入されており、同様に運用できるようにCactiを利用しました。さらにCactiのsyslogプラグインを導入することでログ管理が容易になることから、syslogサーバとCactiを同居させるシステムとしました。

Cactiによる大規模監視システム

Cactiを使って、監視システムを構築しました。1500台以上のサーバに対して監視を行い、閾値監視、障害時のメール通知などを実現しました。

Zabbixの基本機能の先頭へ