オープンソース

サーバー構築のデージーネットTOP > OSS情報 > OSS紹介 > OSSの統合監視ソフト Zabbix >Zabbixの応用システム構成

Zabbixの応用システム構成

重要なシステムや大規模なシステムを監視する場合には、Zabbixサーバ自身の稼働を維持することも非常に重要なポイントになります。ここでは、デージーネットの行っているZabbixの応用的なシステム構成について解説します。

Zabbixの拡張性

Zabbixは拡張性の高いソフトウェアです。標準監視機能に加えて、カスタマイズしたエージェント監視機能の作成が可能です。シェルスクリプト、Perl、 Pythonなどのプログラミング言語でスクリプトを作成する事により、Zabbixエージェントの監視機能を拡張することができます。 実行されたスクリプトの結果はZabbixサーバーに送信され、他の監視項目と同様にデータ保管と処理が行われます。他にも、クラスタ構成やZabbix Proxyを利用した構成をとることも可能です。

以下では、HAクラスタの技術を利用した、停止しないZabbix監視システムの構成と、Zabbix Proxyを利用した大規模監視システムの構成を紹介します。

Zabbixの冗長化

デージーネットでは、OSSのクラスタリングソフトウェアであるPacemaker/corosyncを利用して、ZabbixをHAクラスタ構成で導入することをご提案しています。Zabbixで利用するデータベースも、2台のサーバで冗長構成を取ります。サーバ間でのデータ同期にはDRBDを利用しています。

Zabbix Proxy


Zabbix Proxyとは、Zabbixを使って大規模な監視システムを構築する時に利用できる仕組みです。Zabbix Proxyは、容易に導入することができ、「監視対象の機器が多い」「拠点が複数ある」「Zabbixサーバ1台では不安」という場合に、監視サーバの耐障害性・拡張性を高めるため実用的に使える機能です。

Zabbix Proxyは、Zabbixサーバのかわりに監視対象から監視データを収集します。そして、収集したデータをZabbixサーバに送信します。Zabbix Proxyが収集したデータは一旦ローカルのデータベースにバッファリングされます。そして、その後、Zabbixサーバに転送します。そのため、Zabbizサーバから監視対象の機器へネットワーク的に到達できないような場面でも利用できます。

Zabbixサーバからは、Zabbix Proxyで行う監視を一括管理することができます。Zabbix Proxy機能は、Zabbixのバージョン1.6以降で利用可能です。

プロキシーモード

Zabbix Proxyの重要な設定のひとつが、プロキシモードです。次の2つのモードを指定することができます。

アクティブモード

監視の設定情報を、Zabbix Proxyが起点となりZabbixサーバから定期的に取得します。Zabbixサーバから取得した設定情報を元に、自身に割り当てられた監視を実行します。

パッシブモード

監視の設定情報を、ZabbixサーバからZabbix Proxyへpushします。

アクティブモードの場合、Zabbixサーバのポートへのアクセス権を持つユーザであれば、誰でも情報を取得できてしまうという問題があります。認証処理がないため、誰でもアクティブなプロキシを装って設定データをリクエストすることができてしまうのです。そのため、デージーネットではパッシブモードでの使用を推奨しています。

Zabbixプロキシの利用方法

Zabbix Proxyは、Zabbixの基本機能で容易に構築することができます。管理者から見た使い勝手も、ホストの追加時にプロキシサーバを選択するかどうかだけです。Zabbixサーバから直接監視しているサーバとなんら変わらずに操作することができます。

OSS情報「Zabbix」

OSSの統合監視ソフトZabbix
ここでは、OSSの統合監視ソフトZabbixの特徴や、Zabbixについてデージーネットの行なっているサービスを紹介します。
Zabbixの基本機能
ここでは、ZabbixのインターフェースやZabbixの監視機能などZabbixの基本的な機能について紹介します。
Zabbixの応用システム構成
ここでは、デージーネットの行っているZabbixの応用的なシステム構成について解説します。
Zabbixのインストールと設定
ここでは、Zabbixのインストール方法を紹介します。Zabbixは、Zabbix LLCのホームページでパッケージが公開されていて、ダウンロード、インストールすることができます。

Zabbixによる監視システム構築事例

監視システムのリプレースでZabbixを導入しました。Zabbixと独自開発の連携プログラムを組み合わせた監視システムとし、Zabbixが検知した障害が、携帯電話へ音声で通知されるようにしました。また、設定は日本語対応のZabbixウェブインタフェースから行う事ができます。

Zabbix Proxy調査報告書

Zabbix Proxyは、Zabbixサーバのかわりに監視対象から監視データを収集し、Zabbixサーバに情報を送信する機能です。この資料は、Zabbix Proxyについて調査しまとめたものです

監視サーバ事例一覧

システムの運用管理において、システムの状態を定常的に管理し、不具合を素早く発見するためには、監視サーバが欠かせません。デージーネットでは、障害発生を未然に防ぐこと、障害が発生した場合にすばやく検知し、復旧を行い、原因解決を行うことで、システムを安心して利用することができるようになると考えています。

システム監視に関する情報・用語まとめ

Zabbixを含むシステム監視に関する様々な情報をご覧になれます。

Cactiによる運用監視サーバ

Cactiを利用した監視サーバを提案しました。これまでお客様がCactiを導入されており、同様に運用できるようにCactiを利用しました。さらにCactiのsyslogプラグインを導入することでログ管理が容易になることから、syslogサーバとCactiを同居させるシステムとしました。

Cactiによる大規模監視システム

Cactiを使って、監視システムを構築しました。1500台以上のサーバに対して監視を行い、閾値監視、障害時のメール通知などを実現しました。

Zabbixの応用システム構成の先頭へ