セキュリティを改善したい2/5

セキュリティを改善したい(2/5)

セキュリティを改善したいの情報ページです。

2/5ページ

メール承認システムMail Approval構築事例 | OSSのデージーネット
Mail Approvalを使い、外部へ送るメールを確認してから送信するシステムを構築した事例について紹介します。

標的型メール攻撃対策システム構築事例 | OSSのデージーネット
標的型攻撃で使われるメールは、送信者を偽装して送信されるものが多いことが知られています。本事例は、オープンソースソフトウェアのSaMMAとENMAを組み合わせて、送信者を偽装したメールの添付ファイルを自動的に削除することで、標的型攻撃を回避する機能を実現したものです。

インターネットサーバ構築 | OSSのデージーネット
デージーネットのインターネットサーバ構築についてご紹介します。デージーネットではオープンソースソフトウェア(OSS)を利用したインターネットサーバ構築を行います。LinuxやOSSがもっとも使われているインターネットサーバの分野での豊富な経験を活かし、ご要望に合ったインターネットサーバ構築を実現します。

Squid、delegateによるプロキシサーバ構築事例 | OSSのデージーネット
プロキシサーバをクラウド環境へリプレースしました。 RedHat Enterprise Linux、squid、delegateを使って実現し、現行システムからもシームレスに移行できました。

unboundによるユーザ向けDNSキャッシュサーバの構築事例 | OSSのデージーネット
加入ユーザ向けのDNSキャッシュサーバをunboundを使って構成しました。unboundを利用することで、DNSキャッシュサーバを分離した構成とし、DNSセキュリティの向上が実現できました。

PowerDNSを使用したDNSサーバの構築事例 | OSSのデージーネット
BINDに替わる権威DNSサーバとして注目されているPowerDNSを使用して、DNSサーバのセキュリティとスピードの向上を図りました。また、PowerDNSの管理ツールであるPowerAdminと合わせて利用することで、管理性も向上することができました。

マルチDNS環境事例 | OSSのデージーネット
BINDに脆弱性が多く発見され、DNSサーバのバージョンアップなどの対策が頻繁に必要になっています。マルチDNS環境は、複数のDNSサーバソフトウェアを使ってDNSサーバを構成することで、特定のソフトウェアの脆弱性によって外部から攻撃を受けてDNSサービスが停止することがないようにするのが目的です。本事例は、このようなマルチDNS環境を構築したものです。

児童ポルノブロッキング対応DNSキャッシュサーバ構築事例 | OSSのデージーネット
児童ポルノブロッキングは、ICSAから公開されている児童ポルノ掲載アドレスリストを使って、有害サイトを閲覧できなくする仕組みです。本事例は、DNSキャッシュサーバが問い合わせを受けたときに、児童ポルノ掲載サイトへの問い合わせを別サイトに誘導する仕組みを構築しました。

PowerDNSによるDNSSEC対応の権威DNSサーバ事例 | OSSのデージーネット
権威DNSサーバをBINDで構築し、DNSSEC対応をしているが管理が煩雑だということでご相談を頂きました。PowerDNSとPowerAdminを利用することで、DNSSECの運用が簡単に行えるようになりました。

bindによるDNSSEC対応の権威DNSサーバ事例 | OSSのデージーネット
権威DNSサーバをDNSSEC対応にしたいという問い合わせがあり、BINDを使って構築しました。BINDの設定だけではなく、上位のレジストラへの登録などの含めて、総合的に対応させていただきました。

「セキュリティを改善したい」の先頭へ