セキュリティを改善したい3/6

サーバ構築のデージーネットTOP > セキュリティを改善したい(3/6)

セキュリティを改善したい(3/6)

セキュリティを改善したいの情報ページです。

3/6ページ

マルチDNS環境事例 | OSSでのシステム構築・デージーネット
BINDに脆弱性が多く発見され、DNSサーバのバージョンアップなどの対策が頻繁に必要になっています。マルチDNS環境は、複数のDNSサーバソフトウェアを使ってDNSサーバを構成することで、特定のソフトウェアの脆弱性によって外部から攻撃を受けてDNSサービスが停止することがないようにするのが目的です。本事例は、このようなマルチDNS環境を構築したものです。

児童ポルノブロッキング対応DNSキャッシュサーバ構築事例 | OSSでのシステム構築・デージーネット
児童ポルノブロッキングは、ICSAから公開されている児童ポルノ掲載アドレスリストを使って、有害サイトを閲覧できなくする仕組みです。本事例は、DNSキャッシュサーバが問い合わせを受けたときに、児童ポルノ掲載サイトへの問い合わせを別サイトに誘導する仕組みを構築しました。

PowerDNSによるDNSSEC対応の権威DNSサーバ事例 | OSSでのシステム構築・デージーネット
権威DNSサーバをBINDで構築し、DNSSEC対応をしているが管理が煩雑だということでご相談を頂きました。PowerDNSとPowerAdminを利用することで、DNSSECの運用が簡単に行えるようになりました。

bindによるDNSSEC対応の権威DNSサーバ事例 | OSSでのシステム構築・デージーネット
権威DNSサーバをDNSSEC対応にしたいという問い合わせがあり、BINDを使って構築しました。BINDの設定だけではなく、上位のレジストラへの登録などの含めて、総合的に対応させていただきました。

スパムメール監視システム構築事例 | OSSでのシステム構築・デージーネット
スパムチェックアプライアンスを利用してスパムと判定されるメールをより厳しく制限するため、ログ監視とデージーネットの製品を組み合わせたスパムメール監視・対策を行うシステムを構築しました。

GoogleAuthenticatorとFreeRADIUSを使ったOTP認証構築事例 | OSSでのシステム構築・デージーネット
VPN装置でOTP(ワンタイムパスワード)を使いたいというご要望があり、Google Authenticatorを使ったシステムを構築しました。スマートフォンのGoogle Authenticatorアプリで表示されたワンタイムパスワードを使ってVPN装置と連携することで、セキュリティが向上しました。OSSのFreeRADIUSとGoogle Authenticatorを利用したシステムです。

OpenXPKIを利用したプライベート認証局構築 | OSSでのシステム構築・デージーネット
自社ネットワークや端末からのアクセスをセキュアに保ちたいというご要望からプライベート認証局であるOpenXPKIを利用してシステムの構築を行いました。

Nginxを利用したクライアント認証サーバ導入事例 | OSSでのシステム構築・デージーネット
すでに構築していたWeb会議システムのRocket.Chatにアクセスする際、クライアント証明書認証をしたいとのご要望に対し、デージーネットでは、クライアント認証サーバにNginxを提案いたしました。

OpenVASのセキュリティ診断事例 | OSSでのシステム構築・デージーネット
OSSのOpenVASを利用して、セキュリティ診断を行えるようになりました。WEB-GUIがあり、自身で何度でもセキュリティ診断が可能です。

オープンソース情報 | Messasy | OSSでのシステム構築・デージーネット
Messasy | OSSでのシステム構築・デージーネット Messasyユーザーズマニュアル メールアーカイブ

「セキュリティを改善したい」の先頭へ