セキュリティを改善したい5/5

サーバー構築のデージーネットTOP > セキュリティを改善したい(5/5)

セキュリティを改善したい(5/5)

セキュリティを改善したいの情報ページです。

5/5ページ

メールサーバの安全性を無料でチェックできるサイトを公開 | OSSでのシステム構築・デージーネット
本サイトでは、メールアドレスを入力するだけで、メールサーバのセキュリティを無料でチェックすることができます。

「SaMMA Votiro connector」を販売開始します。 | OSSでのシステム構築・デージーネット
「SaMMA Votiro connector」により、メール本文の無害化と添付ファイルの 無害化(サニタイズ)を行い、安全なメールをユーザに配送することができます。

OpenXPKIを日本語化 認証局の構築サービスを開始 | OSSでのシステム構築・デージーネット
OpenXPKIは、SSL証明書の管理を行う認証局として動作するOSSです。主にプライベート証明書を発行するのに利用されます。

標的型メール攻撃対策でZIPファイルの無害化プログラムをオープンソースとして無償公開 | OSSでのシステム構築・デージーネット
ZIPファイルの無害化プラグインをオープンソースとして公開しました。このプラグインは、デージーネットが開発しオープンソ ースとして公開している「SaMMA」の添付ファイル無害化機能を拡張するもの です。これにより、無償で公開されているソフトウェアを利用して、パスワー ド付きのZIPファイルも、ユーザが安全に閲覧できるようになります。

オープンソースの統合ログ管理ツール Graylogの日本語マニュアルを無償公開 ∼IoT時代のセキュリティログ管理∼ | OSSでのシステム構築・デージーネット
Graylogは、各種デバイスやソフトウェアから出力される、大量かつ多種多様なログやデータを集中管理し高速な検索やグラフ化をすることができるオープンソースソフトウェアです。

メール承認ソフトに遅延送信機能を追加 メール誤送信防止を強化 | OSSでのシステム構築・デージーネット
株式会社デージーネットは、メール承認の製品ソフトウェア「MailApproval」に遅延送信機能を2018年5月1日追加します。MailApprovalは、社外宛メールの承認フローを最適化するソフトウェアです。

「SpamGuard」DMARCのチェックが可能に送信者認証と連携しスパム対策を強化 | OSSでのシステム構築・デージーネット
株式会社デージーネットは、2018年7月11日(水)、スパムメール対策ソフトウェア「SpamGuard」に、DMARCなどの送信者認証と連携したスパム対策を追加します。

メール誤送信防止のソフトウェア 値下げキャンペーン実施 メールによる情報漏洩を抑止 | OSSでのシステム構築・デージーネット
株式会社デージーネットは、メール誤送信防止ソフトウェアの値下げキャンペーンを期間限定で実施します。期間は、2018年8月7日(火)から2018年末までとなります。

システムのセキュリティ診断 | OSSでのシステム構築・デージーネット
自社で10台のサーバを構築し、インターネット上でサービスを提供している会社からの依頼でOSS運用支援コンサルティングとしてセキュリティ診断を行いました。自分で構築したサーバのため、セキュリティが正しく担保できているか心配ということでした。一つ一つのサーバの設定を確認し、セキュリティ診断を行いました。そして、改善点を報告しました。また、今後の運用方法について話し合い、見直しを行うことになりました。

「セキュリティを改善したい」の先頭へ