信頼性を向上したい2/3

サーバ構築のデージーネットTOP > 信頼性を向上したい(2/3)

信頼性を向上したい(2/3)

信頼性を向上したいの情報ページです。

2/3ページ

マルチDNS環境事例 | OSSでのシステム構築・デージーネット
BINDに脆弱性が多く発見され、DNSサーバのバージョンアップなどの対策が頻繁に必要になっています。マルチDNS環境は、複数のDNSサーバソフトウェアを使ってDNSサーバを構成することで、特定のソフトウェアの脆弱性によって外部から攻撃を受けてDNSサービスが停止することがないようにするのが目的です。本事例は、このようなマルチDNS環境を構築したものです。

OpenLDAPのLDAPマルチマスタ構成構築事例 | OSSでのシステム構築・デージーネット
OpenLDAPのミラーモードを利用してLDAPサーバをマルチマスタ構成で構築しました。OpenLDAPのミラーモードを活用する事でコストを抑える事ができました。

Pacemaker/DRBDを使ってLDAPサーバを二重化した構築事例 | OSSでのシステム構築・デージーネット
LDAPサーバをサービス無停止で提供するため、PacemakerとDRBDを利用したHAクラスタでLDAPサーバを構築した事例を紹介します。

NFSサーバの冗長化構築事例 | OSSでのシステム構築・デージーネット
WWWサーバでコンテンツを共有するための仕組みとして、NFSサーバを冗長化したシステムの構築事例についてご紹介します。デージーネットのクラスタリング技術を応用し、HAクラスタ化したNFSサーバを構築しました。

SambaによるWindowsファイルサーバの冗長化構築事例 | OSSでのシステム構築・デージーネット
Sambaを使って、Windowsネットワーク用のファイルサーバを構築しました。ファイルサーバが故障し、業務が停滞することがないよう、ファイルサーバの冗長化も行いました。冗長化は、OSSのクラスタソフトウェアであるPacemakerとcorosyncを使って行いました。また、万一に備えてSTONITHも導入しました。

IoT開発基盤構築でのKubernetes活用事例 | OSSでのシステム構築・デージーネット
IoT開発基盤構築にKubernetesを活用しました。これまで、プロジェクト単位でクラウドを契約していましたが、以前よりも多くの部門がIoTを扱うようになりました。IoT開発基盤では大量のデータを扱います。そのため、クラウドを利用するコストメリットが薄れてしまいました。そこで、オンプレミスで大容量のIoT開発基盤を構築し、一定のコストで継続的に使えるIoT開発基盤を実現しました。

IoTプラットフォーム用HTTPプロキシ構築事例 | OSSでのシステム構築・デージーネット
これまで、各家庭にあるIoTデバイスから送信される大量の情報を、インターネットを経由せずにセンターにあるIoTプラットフォームに送信していました。しかし、今回システムを新しく構築することになり、その際にインターネットを経由してIoTデバイスからのデータをセンターのIoTプラットフォームに送信する構成を検討されていました。そこでOSSを活用したIoTプラットフォームを構築しました。

「OSS改善支援コンサルティング」を開始 | OSSでのシステム構築・デージーネット
システムの性能や安定性に関する改善の支援を行う「OSS改善支援コンサルティング」を開始しました。

GUIから負荷分散用ソフトウェアKeepalivedの設定が可能に「ILUKA」を公開 | OSSでのシステム構築・デージーネット
「ILUKA」公開。「ILUKA」使う事で、負荷分散用ソフトウェアKeepalivedの設定をウェブインターフェースから視覚的に操作できるようになり、より使いやすい負荷分散システムを構築する事が可能になりました。

メールサーバの安全性を無料でチェックできるサイトを公開 | OSSでのシステム構築・デージーネット
本サイトでは、メールアドレスを入力するだけで、メールサーバのセキュリティを無料でチェックすることができます。

「信頼性を向上したい」の先頭へ