信頼性を向上したい2/3

信頼性を向上したい(2/3)

信頼性を向上したいの情報ページです。

2/3ページ

Keepalived/LVSで冗長化した負荷分散システム構築事例 | OSSのデージーネット
冗長化した負荷分散システムをKeepAlived/LVSを使って構築した事例についてご紹介します。KeepAlived/LVSで冗長化した負荷分散システムを構築し、Webとメールのアクセスを分散、アクセス数が多くても耐えられるシステムを構築しました。

マルチDNS環境事例 | OSSのデージーネット
BINDに脆弱性が多く発見され、DNSサーバのバージョンアップなどの対策が頻繁に必要になっています。マルチDNS環境は、複数のDNSサーバソフトウェアを使ってDNSサーバを構成することで、特定のソフトウェアの脆弱性によって外部から攻撃を受けてDNSサービスが停止することがないようにするのが目的です。本事例は、このようなマルチDNS環境を構築したものです。

NSDを利用した権威DNSサーバ構築事例 | OSSのデージーネット
利用しているDNSサーバのOSサポート終了に伴い更改を検討していたお客様への導入事例です。BINDの脆弱性も気にされていたため、NSDを使った権威DNSサーバを構築しました。

OpenLDAPのLDAPマルチマスタ構成構築事例 | OSSのデージーネット
OpenLDAPのミラーモードを利用してLDAPサーバをマルチマスタ構成で構築しました。OpenLDAPのミラーモードを活用する事でコストを抑える事ができました。

LDAPサーバ冗長化事例 | OSSのデージーネット
LDAPサーバをサービス無停止で提供するため、PacemakerとDRBDを利用したHAクラスタでLDAPサーバを構築した事例を紹介します。

Amazon Linux 2へ認証サーバOSの移行事例 | OSSのデージーネット
情報通信会社様にてFreeRADIUSのOSを移行した事例です。お客様は、2020年12月末のAmazon Linuxサポート終了に伴いリプレースを検討されていて、データベースの冗長化やアカウントパスワードの暗号化をご要望でした。

NFSサーバの冗長化構築事例 | OSSのデージーネット
WWWサーバでコンテンツを共有するための仕組みとして、NFSサーバを冗長化したシステムの構築事例についてご紹介します。デージーネットのクラスタリング技術を応用し、HAクラスタ化したNFSサーバを構築しました。

SambaによるWindowsファイルサーバの冗長化構築事例 | OSSのデージーネット
Sambaを使って、Windowsネットワーク用のファイルサーバを構築しました。ファイルサーバが故障し、業務が停滞することがないよう、ファイルサーバの冗長化も行いました。冗長化は、OSSのクラスタソフトウェアであるPacemakerとcorosyncを使って行いました。また、万一に備えてSTONITHも導入しました。

IoT開発基盤構築でのKubernetes活用事例 | OSSのデージーネット
IoT開発基盤構築にKubernetesを活用しました。これまで、プロジェクト単位でクラウドを契約していましたが、以前よりも多くの部門がIoTを扱うようになりました。IoT開発基盤では大量のデータを扱います。そのため、クラウドを利用するコストメリットが薄れてしまいました。そこで、オンプレミスで大容量のIoT開発基盤を構築し、一定のコストで継続的に使えるIoT開発基盤を実現しました。

IoTプラットフォーム用HTTPプロキシ構築事例 | OSSのデージーネット
これまで、各家庭にあるIoTデバイスから送信される大量の情報を、インターネットを経由せずにセンターにあるIoTプラットフォームに送信していました。しかし、今回システムを新しく構築することになり、その際にインターネットを経由してIoTデバイスからのデータをセンターのIoTプラットフォームに送信する構成を検討されていました。そこでOSSを活用したIoTプラットフォームを構築しました。

「信頼性を向上したい」の先頭へ