よくある質問・用語集

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > よくある質問・用語集 > 用語集 > Roundcubeとは

サーバ構築のデージーネットTOP > OSS情報 > Roundcube〜高機能なWebメールソフト〜 > Roundcubeとは

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

Roundcubeとは

Roundcubeとは、オープンソースのWebメールソフトである。PHPで書かれている。OSSだが、日本国内では、デージーネットが商用サポートを行っている。IMAP4に対応しており、アドレス帳、フォルダ操作、メッセージフィルタなど、一般的なメールクライアントでの機能を提供している。データベースにはMySQL,PostgreSQL,SQLiteのいずれかが使用でき、導入も容易に行うことができる。

Roundcubeの特徴

Roundcubeには以下のような特徴がある。

  • わかりやすいインタフェースである
  • 多言語対応で、70以上の言語に対応している
  • フォルダの管理をサポートしている
  • メールをフォルダに自動振り分けすることができる(Sieve対応のIMAPサーバとプラグインが必要)
  • HTML形式のメールの送受信をサポートしている
  • MIME形式で、メールにファイルを添付することができる
  • メールをスレッド形式で表示することができる
  • 複数のアカウント(サーバ)からメールを読んだり、送信時にアカウントを選択することができる
  • アドレス帳をサポートし、送信者を検索することができる
  • メール表示項目は、ユーザが自由にカスタマイズできる
  • メールの検索を行うことができる
  • 個人設定を保存することができる
  • 多数のプラグインとスキンにより、自由に機能拡張ができる
  • プラグインの作成などによりカスタマイズが可能である

Roundcubeの拡張認証

Roundcubeでは、たくさんの認証プラグインが利用できる。主な、認証方式は次の通りである。

IMAP認証

Roundcubeは、通常はIMAPサーバのユーザ認証と連携可能である。入力したIDとパスワードは、IMAPサーバに渡されて、IMAPサーバへのログインが認められると、Roundcubeも利用可能となる。

OTP認証

Roundcubeでは、ワンタイムパスワードによる認証を利用可能である。Google Authenticatorに対応している。スマートフォンにインストールしたソフトウェアトークン(アプリ)を使い、ユーザ名、パスワードに加えて、ソフトウェアトークンに表示されたパスフレーズを使って認証を行う。

SAML認証

Roundcubeでは、プラグインを導入することで、SAMLのIdPを使って認証を行うことができる。そのため、OpenAMKeycloakなどと連携して、シングルサインオンを実現することができる。この機能を使うと、Windowsにログインしただけで、Roundcubeの認証が自動的に行われるような使い方もできる。

OpenID Connectでの認証

Roundcubeでは、プラグインを導入することで、OpenID Connectを使って認証を行うことができる。そのため、OpenAMKeycloakなどと連携して、シングルサインオンを実現することができる。この機能を使うと、Windowsにログインしただけで、Roundcubeの認証が自動的に行われるような使い方もできる。

デージーネットのRoundcubeに対する取り組み

Roundcubeは、非常に使いやすく、通常のメールクライアントと同じように使うことができ、顧客からの評価も非常に高い。また、skinを変更することで、スマートフォンなどからの利便性も飛躍的に向上する。そのため、デージーネットがWebメールを提案する時には、ほとんどがRoundcubeである。

Roundcubeの実績

デージーネットでは、いくつかの企業や大学に、Roundcubeを利用したWebメールサーバをつくってきた。メールサーバと同時に導入することも多い。また、ISPのユーザ用のWebメール環境やホスティングサービス用としても導入の実績がある。

Roundcubeの日本語の対応

Roundcubeは非常に安定したソフトウェアである。しかし、日本語の取扱いについては課題がある。これは、Roundcubeの問題というよりは、日本のメール環境の問題である。日本では、メールでは長い間JIS漢字コードを使ってきた。そのため、古いメールソフトの中には、JISコードしか扱えないものもある。また、以前のWindowsでは、SJISを採用していて、Windows特有の外字コード(機種依存文字)も使うことができる。このコードは、他の文字コードへの変換で問題を引き起こすことが多い。例えば、iPhoneで表示すると、違う文字として認識されたり、文字化けを起こす。

一方、Roundcubeは、日本語コードとしてUTF8を使う。最近のWindowsはUTF8を採用しているし、ほとんどのスマートフォンもUTF8を採用しているので、それ自体に問題はない。しかし、前述した古いPCや古いメールソフトとのメールのやりとりが上手くいかない場合がある。

デージーネットでは、Roundcubeの以前のバージョンでは機種依存文字の対応とメールの送信をJISで行なうパッチを適用して対応していた。しかし、最新のRoundcubeでは、このようなパッチが公開されていない。そのため、独自のパッチを適用したものを商用サポート版として提供している。

Roundcubeのサポート

デージーネットでは、日本語対応を強化したRoundcubeを商用サポート版として提供している。Roundcube商用サポートを契約すれば、インストールサポートや問い合わせのサポートを受けることができる。

また、デージーネットでRoundcubeのインストールを行った場合には、ソフトウェア単体ではなくシステム全体をサポートするOpen Smart Assistanceのサービスも受けることができる。

【カテゴリ】:メール関連技術  オープンソースソフトウェア  

  • もっと調べる
  • どうやって使う?

関連用語

Roundcubeに関連するページ(事例など)


デージーネット用語集のページです。「Roundcube」という用語と関連情報について説明します。「Roundcube」について情報を収集する際、サービスをご検討いただく際などに用語集ページをお役立てください。

Roundcubeとは先頭へ