システム構築

サーバー構築のデージーネットTOP > システム構築 > メールシステム構築 > メールサーバ(添付ファイル暗号化)

構築事例:メールサーバ(添付ファイル暗号化)

Open Smart Design

デージーネットで開発したオープンソースソフトウェアのSaMMAを使って、メールの添付ファイルを自動的に暗号化するシステムを構築しました。

導入企業業種
情報・通信(愛知県)
ユーザー規模
約50人
利用OS
Linux(CentOS5)
導入月
2009年9月頃
お客様が悩まれていた課題
添付ファイルの送信時に暗号化する手間がかかる
会社としてルールを徹底できていない

デージーネットが提案した「メールサーバ(添付ファイル暗号化)」

解決ポイント

OSSの添付ファイル暗号化ソフトを利用

メール送信サーバを構築するのにあわせて添付ファイル暗号化を自動化したいというご要望をいただきました。また、各ユーザがお客様に合わせて、暗号化パスワードの設定を行うことができるようにして欲しいというご要望でした。

SaMMAを利用して、自動暗号化を実現

メールサーバ(Postfix)とデージーネットで開発したオープンソースソフトウェアのSaMMAを連携させ、メールの添付ファイルを自動暗号化するシステムをご提案しました。

ユーザ管理機能を開発

当時のSaMMAには、ユーザ毎に設定を行う機能がなかったため、付加機能を開発することをご提案しました。各ユーザが、Web画面で送信先ごとに暗号化パスワードを設定することができるようにしました。

添付ファイルを暗号化するメールサーバの構築事例

導入後の結果

利用者からは、次のような声を頂いています。

  • 暗号化を忘れることがなくなった。
  • 今まで手動で行っていた暗号化が自動化されるようになったため作業効率があがった。
  • 顧客毎に事前に取り決めたパスワードを使うこともできるし、パスワードを自動生成することもできるため、顧客との取り決めに合わせて確実に作業できるようになった。



メールサーバ(添付ファイル暗号化)の関連ページ

メールシステム構築の事例一覧

様々な事例を集めたモデルプラン(費用例付き)をお送りしています。

代表的な事例を集めた「モデルプラン」をお送りしています。費用の例も記載しておりますので、価格感も知って頂ける資料となっております。
ご希望の方は、下記よりお申し込みください。

モデルプランをご希望の方

メールサーバ(添付ファイル暗号化)の先頭へ