よくある質問・用語集

サーバー構築のデージーネットTOP > よくある質問・用語集 > 用語集 > 認証(3/4)

認証(3/4)

認証の情報ページです。

3/4ページ

SNS認証とは | OSSでのシステム構築・デージーネット
SNS認証とは、FacebookやTwitterなどSNSのアカウントを利用した認証の方法です。認証の際に、「Facebookでログインする」などの項目を選択すると、SNSのサイトに接続し、SNSの認証の画面で、認証を行うという方法です。SNSの認証の画面では、SNSに登録しているIDとパスワードを使い認証を行います。例えば、Wi-Fi接続の認証を行う場合に、SNS認証を活用することがあります。そ...

Google Authenticatorとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
Google Authenticator(https://www.google.com/landing/2step/)は、Googleが開発した認証の仕組みです。パスワードで認証するだけではなく、テキストメッセージや音声通話やモバイルアプリなどを使って、携帯電話で受け取ったコードでも認証を行います。

daloRADIUSとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
daloRADIUSは、RADIUSサーバのユーザやアカウンティングの管理を行うためのウェブインタフェースである。daloRADIUSを利用すると、RADIUS認証で使用するユーザの追加・削除・編集等をウェブインタフェースから視覚的に行うことができる。

OpenXPKIとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
OpenXPKIは、公開鍵基盤(PKI)を構築・運用するためのソフトウェアです。 OpenXPKIは、煩雑な認証局の運営を、WEBインタフェースから行うことができます。

ワンタイムパスワード(OTP)とは | OSSでのシステム構築・デージーネット
ワンタイムパスワードとは、一度限り有効なパスワードのことです。One Time Passwordの頭文字をとって「OTP」とも呼ばれます。一時的にしか利用できないパスワードを使うことで、よりセキュアに認証を行うことができる仕組みです。

認証局とは | OSSでのシステム構築・デージーネット
認証局とは、電子証明書の発行や失効などの管理を行う機構です。CA(Certificate Authority)と表現されることもあります。

PKI(公開鍵暗号基盤)とは | OSSでのシステム構築・デージーネット
PKI(Public Key Infrastructure)とは、公開鍵暗号方式と電子証明書の仕組みを利用し、インターネット上で安全に情報の通信を行うセキュリティのインフラ(基盤)のことです。「公開鍵暗号基盤」と訳されます。

2要素認証とは | OSSでのシステム構築・デージーネット
ニ要素認証とは、種類の異なる二つの情報を組み合わせて安全性を高めた認証方式です。近年、セキュリティを維持するには、ユーザ名とパスワードの認証だけでは不足であると考えられるようになりました。そこで考案された認証方法がニ要素認証です。

リモートワークとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
リモートワークとは、企業の従業員が会社のオフィス以外の場所で情報通信機器を使用して、遠隔で仕事を行う勤務形態のことを指す。ほぼ同意義の言葉では在宅勤務やテレワーク、クラウドソーシングなどがある。リモートワークを導入するメリットとして以下のポイントが想定される。

OpenAMとは | OSSでのシステム構築・デージーネット
OpenAMとは、シングルサインオンを実現するためのソフトウェアである。シングルサインオンを実現するためのソフトウェアとしては、OpenAMはデファクトスタンダードであるとも言われています。OpenAMは、基本的にはオープンソースソフトウェアであるが、歴史的な事情から複雑な状態になっている。

認証に関する情報・用語まとめ先頭へ