オープンソース

Top

5. 講師の追加

続いて、各コースの講師を追加していきます。

コースの講師を追加する前に、社内向けセミナーシステムに講師となるユーザを追加する必要があります。

ここでは、講師の追加方法として、以下について解説します。

  • 手動で講師を追加
  • SISインポートを利用した講師の一括登録

5.1. 手動で講師を追加

ここでは、講師ユーザの追加を手動で実施する方法について解説します。

5.1.1. 社内向けセミナーシステムへの追加

まずは、社内向けセミナーシステムに講師となるユーザを追加していきます。

管理者 メニューから メンバー を選択すると、登録されているユーザの一覧が表示されます。

_images/user1.png

ユーザ管理画面の +メンバー ボタンからユーザを追加します。

_images/user1-1.png

ユーザの追加画面では以下の情報を入力します。

  • フルネーム(必須)
  • 表示名
  • 並び替え可能な名前
    • メンバー一覧で名前順に並び替える際に基準となる名前です。ここに設定した名前がメンバー一覧で表示されます。
  • Eメール(必須)
  • SIS ID
    • SIS IDとは、SIS(StudentInformation Services)と連携させる際に利用するIDです。既存のSISと連携させたい場合などに設定します。
_images/user2.png

入力後 ユーザの追加 をクリックするとユーザが追加されます。

_images/user3-1.png

5.1.2. 初期パスワードの設定

ユーザの初期パスワードを設定します。 ユーザ管理画面から変更したいユーザを選択します。

_images/user3-1.png

パスワードの初期化を行うには、ログイン情報の えんぴつマーク をクリックします。

_images/user4-1.png

ログイン情報を更新する画面でパスワードを設定します。

_images/user5.png

5.1.3. 各コースに講師を追加

コースの講師を手動で追加する方法について解説します。

管理者 メニューから コース を選択し、登録されているコースの一覧を表示します。

その中から、ユーザを追加したいコースの右側にある をクリックします。

_images/course4.png

追加したいユーザを入力します。

_images/course5.png
  1. メンバーを追加する方法を選択 : 複数人同時に追加したい場合は、カンマまたは改行を利用します。

    • メールアドレスを入力して追加
    • ログインIDを入力して追加
    • SIS IDを入力して追加
  2. 役割を選択
    • ここでは講師を選択します
  3. セクションを選択

  4. セクション内のユーザのみと対話する場合はチェック

  5. キャンセル または を選択

をクリックすると以下の確認画面が表示されます。

_images/course6.png

ユーザの追加 をクリックするとユーザへ通知が送られます。

ユーザ画面で 受諾 がクリックされると 講師として登録されます。

以下は招待されたメンバー画面の例です。

_images/course7.png

5.2. SISインポートによる講師追加

社内向けセミナーシステムでは、SIS(StudentInformation Services)インポートという、ユーザの様々な情報をCSVファイルでインポートする機能があります。

SISインポートを使ってユーザ情報を追加するには、 users.csv ファイルを作成します。

Note

CSVファイルはUTF-8でエンコードする必要があります。

ファイルのフォーマットは以下の通りです。

user_id,login_id,password,first_name,last_name,email,status
teacher1,teacher1,,講師1,一郎,teacher1@example.com,active
teacher2,teacher2,,講師2,次郎,teacher2@example.com,active
teacher3,teacher3,,講師3,三郎,teacher3@example.com,active
teacher4,teacher4,,講師4,四郎,teacher4@example.com,active
teacher5,teacher5,,講師5,五郎,teacher5@example.com,active
  • user_id(必須) : ユーザを識別するための一意の値

  • login_id(必須) : ログインに使用するユーザ名

  • password : login_idに対するパスワード(8文字以上にする必要があります。)

  • first_name : 名前

  • last_name : 苗字

  • email : メールアドレス

  • status(必須) : ユーザに対する動作を指定

    • active : 追加
    • deleted : 削除

5.2.1. CSVファイルのインポート方法

CSV形式のファイルを作成後、 管理者 メニューの SISインポート からファイルをインポートします。

_images/sis1.png

データの処理 をクリックするとSISインポートの処理が始まります。

_images/sis2.png

インポート完了後、社内向けセミナーシステムに講師ユーザが追加されます。

5.2.2. 各コースに講師を追加

SISインポートを使ってコースの講師を一括登録することも可能です。 コースに講師を追加するには enrollments.csv ファイルを作成します。

ファイルのフォーマットは以下の通りです。

course_id,user_id,role,status
python,teacher1,teacher,active
c-lang,teacher2,teacher,active
server,teacher3,teacher,active
html,teacher4,teacher,active
  • course_id(必須) : コースを識別するための一意の値 (コースのSIS ID)

  • user_id(必須) : ユーザを識別するための一意の値 (ユーザのSIS ID)

  • role(必須) : コース内での役割

  • status(必須) : ユーザに対する動作を指定

    • active : 追加
    • deleted : 削除
    • completed : 完了
    • inactive : 受講者リストに追加(講師がアクティブにするまで受講者は参加できません)

5.2.3. CSVファイルのインポート方法

CSV形式のファイルを作成後、 管理者 メニューの SISインポート からファイルをインポートします。

_images/sis1.png

データの処理 をクリックするとSISインポートの処理が始まります。

_images/sis2.png

インポート完了後、各コースに講師が登録されます。

Top