オープンソース

Top

3. コースの登録

続いて、研修カテゴリごとに実施するコースの作成方法について解説します。

管理者 メニューの コース をクリックするとコースの一覧画面が表示されます。

_images/course1.png

Note

表示するコースは、期間、コース名、講師名で絞込み検索ができます。

3.1. コースの追加

コースの一覧画面の +コース をクリックします。

_images/course1-1.png

コースの追加画面が表示されます。

_images/course2.png

各項目を入力します。

  • コース名
    • コースの名前を入力します
  • 参照コード
    • コースの検索時に利用される任意のコードを入力します
  • サブアカウント
    • コースを所属させる研修カテゴリを選択します
  • 登録期間
    • コースを登録しておく期間を選択します

コースの追加 をクリックするとコースが追加されます。

_images/course3-1.png

3.2. コースIDの設定

社内向けセミナーシステムでは、SIS(StudentInformation Services)という外部の学生情報システムと連携することができます。

SISと連携させるためには、コースIDである SIS ID を設定します。 SIS IDは、コースを区別するために使用するため、一意である必要があります。

Note

既存のSISと連携させる場合は、SISのシステムで使用しているSIS IDを事前に確認してください。

SIS IDを設定するには、コースの詳細情報画面へ移動します。

_images/course3-3.png

コースの詳細情報から SIS ID を設定します。

_images/course16-1.png

Note

SIS IDはSISインポートを用いてコースにユーザを追加する際に利用できます。 詳しくは 各コースに講師を追加各コースに受講者を追加 をご覧ください。

Top