オープンソース

Top

7. チャンネルについて

7.1. チャンネルとは

Rocket.Chatでは、すべての会話はチャンネルの中で行われます。 チャンネルには次の種類が存在します。

  • パブリックチャンネル
  • プライベートグループ
  • ディスカッション
  • ダイレクトメッセージ

チャンネルは、用途に応じて複数作成することができます。 例えば次のような使い方です。

  • 会社の部署ごとのチャンネル
  • プロジェクトチームごとのチャンネル
  • 特定のテーマ毎のチャンネル

なお、Rocket.ChatのWEBインタフェースやマニュアルでは、 チャンネル という用語を グループやルームという表現をしている場合があります。すべて同じ意味を持つため、 注意してください。

7.1.1. パブリックチャンネル

パブリックチャンネルは、すべてのチャンネルタイプの基礎になります。 パブリックチャンネルを新しく開設すると、誰でもそのチャンネルに参加することができます。

7.1.2. プライベートグループ

プライベートグループは、特定のメンバーのみが会話できる閉じられたチャンネルです。 機密性の高い会話をする際に利用します。 プライベートグループに参加するためには、グループの所有者やモデレータと呼ばれる権限を 与えられた人間に、招待してもらう必要があります。

7.1.3. ディスカッション

ディスカッションは、パブリックチャンネルやプライベートグループの中で、特定のテーマに ついて会話するために利用する機能です。 ディスカッションは、パブリックチャンネル/プライベートグループの中に作成され、 親のチャンネルに所属しているメンバーが、ディスカッションに参加することができます。

7.1.4. ダイレクトメッセージ

ダイレクトメッセージは、メンバー間でのプライベートな1対1の会話です。 管理者によってダイレクトメッセージが許可されている場合、利用できます。

7.2. チャンネルの管理

7.2.1. チャンネルの作成

チャネルの作成は、画面右上のメニューから行います。 メニュー最右のボタンをクリックすると、チャンネルとディスカッションの選択が表示されます。

_images/channel1.png

チャンネルを選択すると、次の画面が表示されます。

_images/channel2.png

この画面では、作成するチャンネルの情報を入力します。

  • パブリックチャンネルトグル
    • トグルを切り替えることで、パブリックチャンネルとプライベートグループの切り替えができます。
  • 読み取り専用チャンネルトグル
    • 有効にすると、許可されたメンバーのみがメッセージを送信できるようになります
  • 放送チャンネルトグル
    • 有効にすると許可されたユーザがメッセージを送信し、その他のユーザは返信のみできるようになります。
  • チャンネル名
    • 登録するチャンネル名を入力します。
    • チャンネル名には、英数字(アルファベットは小文字のみ)が利用できます。
  • ユーザを招待
    • 予め招待しておくユーザのIDを入力します。

全ての項目を入力して、作成ボタンをクリックすると、新しいチャンネルが作成されます。

作成したチャンネルやは、画面左に表示されます。

_images/channel3.png

このチャンネルのリストから、会話に参加したいチャンネルを選択することで、 チャンネルの中に入ることができます。

7.2.2. チャンネルへのメンバー招待

自身が作成したチャンネルにメンバーを招待するには、チャンネルのメンバー情報の 画面を表示します。

_images/channel4.png

メンバー情報の画面から、ユーザを招待のボタンをクリックし、招待したいユーザの IDを入力すると、ユーザを招待できます。

7.2.3. チャンネルメンバーの管理

メンバー情報の画面で、管理対象のユーザの変更画面を開くと次のようになります。

_images/channel5.png

それぞれの意味を解説します。

  • 会話
    • そのユーザにダイレクトメッセージを送信する画面に移動します
  • オーナに設定
    • 選択したユーザをチャンネルのオーナに設定します。
    • オーナは次のような権限を持ちます
      • チャンネルの削除
      • オーナの追加・削除
      • モデレータの追加・削除
      • メンバーの追加・削除
      • リーダーの選択
  • モデレータに設定
    • 選択したユーザをチャンネルのモデレータに設定します。
    • モデレータは次のような権限を持ちます
      • モデレータの追加・削除
      • メンバーの追加・削除
      • リーダーの選択
  • リーダーとして設定する
    • 選択したユーザをリーダとして設定します
    • リーダとして設定するとチャンネルに、リーダ名が表示されます
    • リーダに特別な権限はありません
  • 無視
    • 選択したユーザを無視状態に設定すると、そのユーザが送信したメッセージが非表示になります。
  • ミュート
    • 選択したユーザをミュートにすると、そのユーザは読み込み専用状態になり、メッセージの送信ができなくなります。
  • ルームから削除
    • 選択したユーザをルームから削除します。

7.2.4. チャンネルの設定変更

作成したチャンネルの情報は、次のルーム情報の画面で変更ができます。

_images/channel6.png

変更できる情報は次の通りです。

  • 名前
    • チャンネルの名前を変更できます。
  • トピック
    • チャンネルでのトピックを入力します。
  • アナウンス
    • メンバーへのアナウンスを入力します。
  • 概要
    • チャンネルの概要を入力します。
  • パブリック/プライベート
    • チャンネルの種別を変更できます
  • 共同/読み取り専用
    • 共同: すべてのメンバーが新しいメッセージを書き込むことができます
    • 読み取り専用: 許可されたユーザだけがメッセージを書き込むことができます

7.2.5. チャンネルの削除

チャンネルは、上記の設定変更と同様に、ルーム情報の画面で削除することができます。

_images/channel6.png

上記の削除ボタンをクリックすると、確認ダイアログが表示されます。 ダイアログで削除を承諾すると、そのチャンネルは削除されます。

Warning

削除されたチャンネルのメッセージは全て消えるため、注意してください。

7.3. ダイレクトメッセージ

7.3.1. ダイレクトメッセージの開始

特定のユーザとのダイレクトメッセージを開始する方法は、主に次の2つです。

  • 会話したいユーザを検索して、ダイレクトメッセージを開始する
  • チャンネル内でユーザのアイコンをクリックして、ダイレクトメッセージを開始する

ユーザを検索してダイレクトメッセージを開始する場合、画面左上の検索アイコンから 検索を開始します。

_images/direct1.png

上記のイメージのようにユーザを検索し、ユーザをクリックするとダイレクトメッセージを開始することができます。

_images/direct2.png

チャットルームでユーザのアイコンをクリックする場合は、チャンネル内でユーザのアイコンをクリックします。アイコンをクリックすると、ユーザ情報が表示されるので、その中の吹き出しアイコンをクリックします。

_images/direct3.png

これでユーザを検索するのと同様にダイレクトメッセージが開始できます。

7.3.2. ダイレクトメッセージの削除と非表示

ダイレクトメッセージは、基本的に管理者でしか削除ができません。 削除ができない代わりに、非表示にすることができます。

非表示にするためには、ダイレクトメッセージの一覧からメニューを表示します。

_images/direct4.png

メニューの ルームを隠す をクリックすると、ダイレクトメッセージを隠すことができます。

なお非表示にしたダイレクトメッセージは、再度そのユーザとダイレクトメッセージを開始することで、もとに戻すことができます。

7.4. ディスカッション

ディスカッションは、チャンネルの中に作成することができるサブチャンネルです。 ディスカッションは、親となるチャンネルの情報を引き継ぐのが特徴です。 特に、親チャンネルがパブリックチャンネルの場合と、プライベートグループの場合で 出来ることが変化します。

  • 親チャンネルがパブリックチャンネルの場合
    • ディスカッションもパブリックになる
    • 特に制約はなし
  • 親チャンネルがプライベートグループの場合
    • ディスカッションもプライベートになる
    • ディスカッションには親チャンネルに所属するユーザしか追加できない

7.4.1. ディスカッションの作成

ディスカッションは、次のように作成します。

まず通常のチャンネル作成と同様に、画面右上のアイコンからメニューを表示します。

_images/disc1.png

ディスカッションを選択すると次の画面が表示されます。

_images/disc2.png

次の項目を入力します。

  • 親チャンネルまたはグループ
    • 親となるチャンネルやグループのIDを入力します。
  • ディスカッション名
    • ディスカッションの表示名を入力します。
  • ユーザを招待
    • ディスカッションに参加するユーザIDを入力します。
  • あなたのメッセージ
    • ディスカッションの最初のメッセージを入力します。

7.4.2. ディスカッションの削除と設定変更

ディスカッションの削除と設定変更は、チャンネルの削除と設定変更と同じ方法で 行うことができます。

Top